フラッシュバックアンビエンス

ふらっしゅばっくあんびえんす【登録タグ: Eight 初音ミク

作詞:Eight
作曲:Eight
編曲:Eight
唄:初音ミク

曲紹介

込み上げてくる嗚咽を飲み込んだ。
  • Eight氏 の9作目。
  • どうやら君は許してくれそうにない。(作者コメ転載)
  • 実写PV映像は 堀木とり氏 が手掛ける。ベースを wassan氏 が演奏。

歌詞

ああ 夢から覚める 止まらない動悸
火曜日の昼下がり 独りの部屋に
差し込む光 眩む両目が
掴まえた手のひらで 全て思い出す

脱ぎ捨てられた 似合わない服
かき分けて またふて寝を繰り返した
どこかで響く サイレンの音
それすらも別世界のことのようで

こんなの嫌だ 掻きむしって 迷子の犬は必死に吠える
君は睨む 「最期だけど言いたいことはそれで終わり?」

息を切らして ひた走る僕の 脳裏をよぎる
君の残像と 悲しいほど綺麗な空
六月の風がゆらり 頬を撫でては
さよならだって 耳元で囁いた

もう これ以上何も 望まないから
裂けるような 胸の痛みを消し去ってよ
フラッシュバックした 惨劇の染みは
絨毯にこびりついて 落ちなくって

「大好きでした」 「嘘でしょ」って 本当に君は勘が鋭い
鉄塊の下にあるはずの 存在証明が見当たらない

声を枯らして どれだけ叫んでも
遠くで見てる 君の亡霊は 許してはくれなかったよ
裏切りに遮られた 踏切の向こう
込み上げてくる 嗚咽を飲み込んだ

君のこと塞ぐ前に刻みつけたその場所では
何もかもが眼を背けて白々しく突き刺すだけ
あの時の白い息とけたたましく喚き散らす
機械音も悲鳴も信じたくないんだ

息を切らして ひた走る僕の まぶたの裏に
君の残像が焼きついて 離れないんだ
六月の風がゆらり 頬を撫でては
さよならだって 耳元で囁いた

透過 脱ぎ捨てられた 似合わない服
かき分けて またふて寝を繰り返した
どこかで響く サイレンの音
それすらも 別世界のことのようで

コメント

  • 追加有り難う -- 名無しさん (2012-04-16 00:43:47)
  • これ好きだ・・! -- 名無しさん (2012-04-16 20:01:07)
  • 直してくれた方、ありがとうございます!この曲大好きだ! -- 名無しさん (2012-04-16 21:55:30)
  • もっと評価されるべき! -- 名無しさん (2012-04-28 11:33:32)
  • 疾走感が良い -- しゅば (2012-04-28 15:16:41)
  • なぜ伸びない?! -- 名無しさん (2012-04-29 01:37:30)
  • もっと評価されてほしい! -- むらさき (2012-05-04 21:12:13)
  • なんか色々と考えさせられる曲だな  曲もPVも大好きだ -- 名無しさん (2012-05-07 17:57:03)
  • この曲雰囲気とかすごい好き。もっと伸びてもいいと思う。 -- 名無しさん (2012-05-19 17:38:35)
  • 音がすごいな・・・ -- 名無しさん (2012-05-25 19:29:24)
  • 曲もPVもかっこいい -- 名無しさん (2012-05-30 15:55:31)
  • コレ大好き -- 名無しさん (2012-06-02 02:09:43)
  • なんで伸びねえんだこれ。まさに隠れた神曲 -- 名無しさん (2012-08-17 23:39:17)
  • 大好き!隠れた名曲!中毒性ハンパない! -- 雪猫 (2012-08-25 11:01:03)
  • なぜ評価されない・・・・・ -- 名無しさん (2012-11-22 18:13:40)
  • めちゃくちゃかっこいい。もっと評価されるべき。 -- 名無しさん (2014-01-10 21:21:01)
名前:
コメント: