asamiのメモ帳

DataBase,SQL/テーブルの作成と削除


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • テーブルの作成
[構文]
CREATE TABLE テーブル名 (列名 データ型 , ......);

[例]
CREATE TABLE addressbook
(
id SERIAL PRIMARY KEY,
name TEXT NOT NULL,
kana TEXT,
zip VARCHAR(8) NOT NULL,
address TEXT NOT NULL,
tel VARCHAR(12),
birth DATE
);

[解説]
PRIMARY KEY
NOT NULL制約とUNIQUE制約が1つになったようなもので、
「値の重複がなく、なおかつ値が必ず挿入される」という制約である。
データベースの「主キー」として利用する列に付与するものだ。
PRIMARY KEY制約は,テーブルに対して1つしか指定できない。

NOT NULL
指定した列に値が必ず挿入されることを保証するもの。

UNIQUE
指定した列に必ず重複しない値が挿入されることを保証するもの。

SERIAL:4バイト自動増加整数

  • テーブルの削除
[構文]
DROP TABLE テーブル名 [ RESTRICT | CASCADE ] ;

[例]
DROP TABLE addressbook;


合計: -