asamiのメモ帳

Struts/入力値チェック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

入力値チェックがしたい


【やりたいこと】
名前と年齢を必須入力にする。
年齢に数値が入力されているかをチェックする。
チェックにひっかかったら、output.jspにはとばずに、
input.jspにとどまって、エラーメッセージを表示する。

【input.jspの編集】
input.jspにエラーメッセージを表示させるために、
表示させたい場所に<html:errors/>と追記する。
input.jsp(赤文字は追加部分)
<%@ page contentType="text/html; charset=Shift-JIS"%>
<%@ taglib uri="/struts-html.tld" prefix="html" %>

<html>
<head><title>入力画面</title></head>
<body>

名前・年齢をを入力し、血液型を選択してください。
<br>
<html:errors/>

<html:form action="/sendData" focus="name">
  名前:
  <html:text property="name" size="16"/>
  <br>
  年齢:
  <html:text property="age" size="8" />
  <br>
  血液型:
  <html:select property="bloodtype">
    <html:option value="A">A</html:option>
    <html:option value="B">B</html:option>
    <html:option value="O">O</html:option>
    <html:option value="AB">AB</html:option>
  </html:select>
  <br><br>
  <html:submit property="submit" value="送信"/>
  <br><br>
</html:form>

</body>
</html>

【TestActionForm.javaの編集】
継承をActionFormからValidatorFormにすることで、
入力チェックを有効にします。
TestActionForm.java(青文字は変更部分)
import org.apache.struts. validator.ValidatorForm ;

public class TestActionForm extends ValidatorForm {
  
  private String name;
  private String age;
  private String bloodtype;
  
  public String getAge() {
    return age;
  }
  public void setAge(String age) {
    this.age = age;
  }
  public String getBloodtype() {
    return bloodtype;
  }
  public void setBloodtype(String bloodtype) {
    this.bloodtype = bloodtype;
  }
  public String getName() {
    return name;
  }
  public void setName(String name) {
    this.name = name;
  }

}

【struts-config.xmlの編集】
入力値チェックができるように、追記。
actionタグの「validate」は入力値チェックを行うかどうか、「input」はチェックに引っかかった場合にどのページに遷移するか。
plug-inタグはチェックをするために必要なプラグイン、設定ファイルについて記述。
struts-config.xml(赤文字は追記部分)
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE struts-config PUBLIC
  "-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 1.1//EN"
  " http://struts.apache.org/dtds/struts-config_1_1.dtd ">

<struts-config>
  <form-beans>
    <form-bean name="form" type="TestActionForm" />
  </form-beans>
  <action-mappings>
    <action path="/sendData" type="TestAction" name="form" validate="true" input="/jsp/input.jsp" >
      <forward name="success" path="/jsp/output.jsp" />
    </action>
  </action-mappings>
  
  <message-resources parameter="ApplicationResources"/>
  
   <plug-in className="org.apache.struts.validator.ValidatorPlugIn">
     <set-property value="/WEB-INF/validator-rules.xml,/WEB-INF/validation.xml" property="pathnames" />
   </plug-in>

</struts-config>

【validation.xmlの作成】
どんなチェックをするかをここに記述。
WEB-INFの下に作ってください。
同時に、WEB-INF/validator-rules.xmlが存在するか確認してください。

年齢のチェックでは、
  • 年齢が入力されているか、数値かどうかをチェックします(fieldタグ)
  • 入力されていないときは、(ApplicationResources.propertiesであとで記述する)errors.requiredを表示します。(msgタグ1)
  • 数値出ないときは~.propertiesで記述したerrors.integerを表示します。(msgタグ2)
  • そのときに引数で~.propertiesで記述したageを渡します。(arg0タグ)
validation.xml
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" ?>

<!DOCTYPE form-validation PUBLIC
  "-//Apache Software Foundation// DTD Commons Validator Rules Configuration 1.1.3//EN"
  " http://jakarta.apache.org/commons/dtds/validator_1_1_3.dtd ">

<form-validation>
  <formset>
    <form name="form">
      <field property="name" depends="required">
          <msg name="required" key="errors.required" />
          <arg0 key="name"/>
      </field>
      
      <field
        property="age" depends="required,integer">
          <msg name="required" key="errors.required" />
          <msg name="integer" key="errors.integer" />
          <arg0 key="age"/>
      </field>
      
    </form>
  </formset>  
</form-validation>

【ApplicationResources.propertiesの編集】
ここには表示するメッセージなどを記述します。

errors.*と記述されているものは、
input.jspで<html:errors/>と記述したところに表示されます。
  • headarはエラーメッセージ出力前に1回出力される。
  • footerはエラーメッセージが全て出力後に1回出力される。
  • suffixは各エラーメッセージの最後に出力される
  • {0}はvalidation.xmlのarg0タグに設定したものが出力される。
Application.properties
errors.header=<font color=red>
errors.footer=</font>
errors.suffix=<br>
name=氏名
age=年齢
errors.required={0}を入力してください。
errors.integer={0}には数値を入力してください。

【実行するとこんなカンジ】





合計: -