asamiのメモ帳

インストール方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

zimbraのインストール方法

zimbraは
  • 有償のNetwork Edition Trail
  • 無償のOpen Source Edition
があります。ここでは、無償のOpen Source Editionについて説明します。

OSはCentOS-5.2をインストールしました。
説明は省きます。


【その1】ソースのダウンロード
以下のURLからOpen Source Editionをダウンロード
[English]http://www.zimbra.com/community/downloads.html
[日本語]http://www.zimbra.com/jp/community/downloads.html

【その2】インストールの事前準備
  • Sendmail の disable 設定
# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop
# chkconfg sendmail off

  • Postfix disable 設定
# /etc/rc.d/init.d/postfix stop
# chkconfig postfix off
  postfixがなかった…。

  • Firewall disable 設定
# /etc/rc.d/init.d/iptables stop


  • SELinux disable 設定
# vi /etc/selinux/config

ここで、
SELINUX = disabled

に設定。

  • FQDN設定
# vi /etc/hosts

ここで、
xxx.xxx.xxx.xxx(IPアドレス) zimbra.local zimbra

を追記。


【その3】インストール
ダウンロードしたファイルを/tmpに移動させ、root担ってインストール。
# cd /tmp
# tar zxvf zcs-5.0.10_GA_2638.RHEL5.20081003052615.tgz
# cd zcs-5.0.10_GA_2638.RHEL5.20081003052615
# ./install.sh --platform-override


Press Return to continue
がでたらEnterを押す。

Select the packages to install
がでたら、Yを押して、各パッケージをインストールする。

Install zimbra-ldap [Y] Y

Install zimbra-logger [Y] Y

Install zimbra-mta [Y] Y

Install zimbra-snmp [Y] Y

Install zimbra-store [Y] Y

Install zimbra-apache [Y] Y

Install zimbra-spell [Y] Y


メニューになる。
Main menu

 1) Common Configuration:
 2) zimbra-ldap: Enabled
 3) zimbra-store: Enabled
  +Create Admin User: yes
  +Admin user to create: admin@zimbra
'******* +Admin Password UNSET
  +Enable automated spam training: yes
  +Spam training user: spam.frl5asaqg@zimbra
  +Non-spam(Ham) training user: ham.phfx7drfm@zimbra
  +Global Documents Account: wiki@zimbra
  +SMTP host: zimbra
  +Web server HTTP port: 80
  +Web server HTTPS port: 443
  +Web server mode: http
  +IMAP server port: 143
  +IMAP server SSL port: 993
  +POP server port: 110
  +POP server SSL port: 995
  +Use spell check server: yes
  +Spell server URL: http://zimbra:7780/aspell.php
  +Configure store for use with reverse mail proxy: FALSE
  +Configure store for use with reverse web proxy: FALSE
 4) zimbra-mta: Enabled
 5) zimbra-snmp: Enabled
 6) zimbra-logger: Enabled
 7) zimbra-spell: Enabled
 8) Default Class of Service Configuration:
 r) Start servers after configuration yes
 s) Save config to file
 x) Expand menu
 q) Quit

Address unconfigured (**) items (? - help)
各設定が変更できるので、変更したい番号を入力して設定変更画面に遷移する。


zimbraのパスワードを設定するために、「3」をタイプしてEnterを押す。

Store configuration

 1) Status: Enabled
 2) Create Admin User: yes
 3) Admin user to create: admin@zimbra
'** 4) Admin Password UNSET
 5) Enable automated spam training: yes
 6) Spam training user: spam.frl5asaqg@zimbra
 7) Non-spam(Ham) training user: ham.phfx7drfm@zimbra
 8) Global Documents Account: wiki@zimbra
 9) SMTP host: zimbra
 10) Web server HTTP port: 80
 11) Web server HTTPS port: 443
 12) Web server mode: http
 13) IMAP server port: 143
 14) IMAP server SSL port: 993
 15) POP server port: 110
 16) POP server SSL port: 995
 17) Use spell check server: yes
 18) Spell server URL: http://zimbra:7780/aspell.php
 19) Configure store for use with reverse mail proxy: FALSE
 20) Configure store for use with reverse web proxy: FALSE

Select, or 'r' for previous menu [r]
さらに「4」をタイプしてEnterを押すとパスワードを求められるのでパスワードを入力

Password for admin@zimbra (min 6 characters): [ADzd_RFiT8] zimbra

Select, or 'r' for previous menu [r]
rを押すとメニューに戻る

'*** CONFIGURATION COMPLETE - press 'a' to apply
Select from menu, or press 'a' to apply config (? - help) a
a を入力

Save configuration data to a file? [Yes] Yes
yes を入力

Notify Zimbra of your installation? [Yes] No
NO を入力

Configuration complete - press return to exit
Enterを押したら設定完了。


合計: -