|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

痛車


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

痛車(いたしゃ)
アニメキャラ(女性キャラが圧倒的に多い)やエロゲのヒロインをあしらった、イタい、しかしながらアツい車の事である。萌えと燃えが混在している例といえよう。

痛エアロとは
読んで字の如く、痛車なエアロのことである。実車でやると親兄弟や妻に引かれる、ならばエアロで・・・! というあなたの夢をステキに叶えることのできる、低価格な痛車実現化手段といえよう。実車で痛車はかなりの数にのぼってきたものの、トイラジ・特にエアロRCではまだまだではないだろうか。そのもともとのお値段もあってかなりお手軽に痛車を作れる、それが痛エアロ。プリンターさえあれば、エアロRCが一台あれば千円程度で痛車が作れる。

痛車の作り方

  • 白い車体に貼り付ける場合
必要なものは、できれば透明なフィルムシートである。これは家電店などで一番薄いものを購入すること(大抵複数枚入っており、350~1000円で売ってある)。それに、シートを保護するための別の透明のフィルムシートも必要だ。


  • 濃い色の車体に貼り付ける場合
白地のフィルムシートと透明のフィルムシートの二種類が必要。印刷は白地のものに行い、その上にコートとして透明のフィルムシートを貼り付ける。どちらも一番薄いものを使うこと。


まず、スクリーンショットなどのソフトを使うなどして、希望の画像を保存・普通の紙に印刷し、エアロにテープで仮止めするなどしてサイズを確認・調整する(満足するサイズが出来るまで、大きさをミリ単位で変えた画像を何点か用意すると良い)。


キメである画像をフィルムシートに印刷。乾燥させたら、別の新品のシート(透明)を上から空気が入らないように圧着する。定規などをヘラのようにして空気を押し出すとよい。


適当にカットし、ここぞと思う場所に貼り付けて完成である。

※すでに下地のシートと保護フィルムがセットになっているものなどもあるので(700円程度)、それを探すのもいいかもしれない。