※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・『真の感プレを目指すため』-前編

海底都市アクアリース。
この街は太古の昔、ノーラ種族が未知の技術を駆使してカバリア島の一角に築いた。
その深淵には、ノーラ種族の英知を護る不可思議な生命体が眠っているという。
近年、一部の冒険者からその目撃報告が入り始めているらしい。
そんな深淵の入り口に、また一人の冒険者が足を踏み入れていた。

天井からうっすらと差し込む光に映し出されたシルエットはかなりの小柄、
しかし横幅は不自然なくらいに横伸びした子供の影が浮かび上がっていた。
その小柄な影は先ほどからひたすらに小さく呟いている。
「ああ・・・ノーラ人形があれば・・・」
「ノーラ人形?」
そういえば、ノーラの下水管の奥で何者かに襲われたとき、
何個かそんなものを拾ったことがある・・・ような気もする。
確かそれは、握り拳大くらいの大きさの、目が紅い不思議な人形だった。
私はひとまずその子供に問いかけてみた。
「ノーラ人形なんて、何に使うの?」
その刹那、小さな子供の目が紅く光ったような気がして、
私は思わず後ろにあとずさった。
しばしの睨み合いの後、子供は再び視線を地面に落として繰り返した。
「ああ・・・ノーラ人形があれば・・・」
私は背中に汗をかきつつ、脱力して子供に言った。
「・・・ああっ、もう、分かった。分かったわよ」
そしておもむろに携帯電話を取り出し、ギルドメンバーに連絡を入れ始めた。



依頼内容 ノーラ人形×1個
クエスト制限回数 のべ500回
報酬 7,000ゲルタ×個数
依頼条件 メンバー全員可能

その他 Lv38ノーラ・ジョー Lv54ノーラ・マミー Lv109ノーラ・ビッグ
生息域 ノーラの下水管

クエスト完全達成後、スペシャル特典あり


2006年1月21日スタート