※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・『真の感プレを目指すため』-後編

 洞窟内は、暗闇の中に無数の火花と剣花とを撒き散らし、その都度争いあう二つの姿を映し出していた。お互いに言葉など交わさないが、激しい衝突音と爆発音とが洞窟内の大気を振動させて、言葉以上に直接的な意思を各々の相手に伝え合っていた。
 天空から巨大な腕が降ってくる。すかさずかわした両腕は地面を乱打し、硬い鉱石の地表をやや経込ませた。小柄な方は無数に転がる鉱石を拾っては相手の顔面に向かっては投げ付け、歯牙にもかけられず腕を振り下ろされるたびに避けてはそれを繰り返しながら、相手に衝撃を与え続けた。
 大柄な方の足元で突然光が走った。立て続けに起こる爆発に大柄な方は体を歪ませ、バランスを崩したところですかさず剣先で切りつけられる。戦いに集中しきっている小柄な方にすら無限に思える戦闘は、その一撃でようやく終焉を迎えた。
 地響きを立てて崩れた大柄な生命体からは、焼き切れた電子機器のにおいがした。小柄な方も地面に座り込み、やがて仰向けに倒れてただ呼吸を繰り返し始めた。
 おそらく近い将来、この大広間には無数の冒険者が溢れかえるのだろう。この大広間の奥にはノーラ族が残した高性能な装備品が大量にあって、この生命体を倒すたびに奥からアイテムを持ち出すことが適う。生命体・・・プレデターを倒して、次のプレデターが出現するまでの間、奥の武具庫から持てるだけの装備品を持ち出し続ける。
 それが適おうが適うまいが、ここへ挑み続ける冒険者の数だけは確実に増えていくだろう。だが、今だけは先行した有利さを持ってして、ここのアイテムを確保しておいても良いだろう。小柄な方は気力を振り絞って、アイテムを取り出しに掛かった。
 すでにこのプレデターを倒した数は938にのぼっている。今の目標は1000だが、それを達成するのはそう先の事でもないだろう。小柄な方はアイテムを探しつつ、ふと地表にいるメンバー達の事を思い浮かべていた。



2006年度1月期 ギルドクエスト『真の感プレを目指すため』- 完全達成特典

今度、ギルド『目指せ、ねこキャンプっ!』では、
後編で手に入ったノーラ族の装備品が尽きるまでのしばらくの間、

Lv100達成メンバーに、クラフトブラックシールドを進呈します。
Lv150達成メンバーに、クラフトシルクハット&クラフトシーシャークを進呈します。
Lv170達成メンバーに、クラフトフランベルジュを進呈します。

各レベルの達成時にはマスターまでご一報下さい。


2006年1月22日 1月期ギルドクエスト-完全達成
  
添付ファイル