バブル(個人ではなく種族としての設定)


(絵は特に描いてません)

設定

火属性、または火属性暗黒属性精霊の一種。

純粋な火属性のバブルは、溶岩の泡から生まれ溶岩
の中に生息しているものであり、火属性の精霊の代
表的なものとして良く炎使い(火属性の精技使い)
に召喚・作成・使役される。このタイプのバブル
は大人しく、操られたりしなければ襲ってくる事は無い。

火属性暗黒属性のものは死者の魂が火属性のエレ
メントと暗黒属性エレメントを纏った幽霊、いわ
ゆる人魂であり、主に暗黒使い(暗黒属性の精技使
い)に召喚・作成・使役される。強い未練をもって
死んだ者がこのタイプのバブルになり、生者に強い
憎しみをもっている事が多い。

いずれのタイプも、実体に乏しい灼熱の身体を持っ
ているため、襲われたら火属性(後者のタイプなら
暗黒属性も)の精技を使って追い払うか、水属性(後
者のタイプなら聖属性も)の精技で攻撃するかしな
いと撃退しづらい。

因みに後者のタイプは魂が核になっているため、通
常は不死である。ただし、魂を取り巻く火属性と暗
黒属性のエレメントを除けば憎しみはおさまり、暗
黒属性のエレメントをまとった普通の幽霊に戻る事
が多い。

2006年12月5日作成
図鑑@ヒトワザ。No.119