マーベリック


(絵は特に描いてません)

設定

銀髪と二丁の拳銃を持ち、そして黒と白、二つの色
を用いられたコートを着ている男。
フルネームは「リチャード=マーベリック」だが、
普段はそれを隠し「ヴァルテル」と名乗っている。

人間の姿をしているがその正体は生きている無数の
ストーンというべき、超高密度魔力生命体。高位魔
導士数十人分に相当する魔力をほぼ常時持ち、どれ
ほど高レベルで消耗が激しい魔法もまるで息をする
かのように瞬時に連続で使いこなすとされる。その
力で幽霊都市の異世界を作り出し、何時もはそこに
潜んでいる。また、魂を持たず、例え死んでも高速
で再生する能力を持つ。
この圧倒的な力から「魔王」「魔弾王」などとも呼
ばれる事がある。

二丁の銃からはそれぞれ時間を無視して0秒で目標
に到達する魔弾と、空間を無視して無限の距離を一
瞬で飛んで目標に到達する魔弾を発射し、全てを撃
ち砕く。

本来はカムロ(高宮神室)が読んでいた「デア・フ
ライシュッツ」という漫画の主人公、身寄りの無い
2人の少年少女のために戦い続けるガンマンで架空
の存在(因みに凄腕のガンマンである事以外は普通
の人間)。
しかし、カムロが生贄にされた時に、地脈のエネル
ギーに事故が起きて、その膨大なエネルギーが結晶
化する現象が生じ、その漫画の主人公をモデルとし
て現実世界に出現する事になった。
その誕生の経緯からかカムロの魂に強い執着を持っ
ており、蘇生させた神斬丸を始めとした部下と共に
彼女の魂を手に入れるべく世界を揺るがす計画を進
めている。

性格は冷静沈着だが、自分に魂がない事と、自分が
自然に存在しない生物である事にコンプレックスを
持っており、その事を指摘されると僅かに気持ちが
揺れる。

正面から彼と戦う事は無謀そのものだが、実は2つ
の大きな弱点がある。
1つ目は「真名ノ書を持ちながら、『リチャード=
マーベリック』と真の名を呼ぶ事」。そうすればマー
ベリックに本来は架空の存在である真実を突きつけ
た事になり、一時的に魔力を大幅に低下させる事が
できる。
2つ目の弱点は「カムロが自分の『デア・フライシ
ュッツ』を読み終える事」。マーベリックが不死な
のはカムロが「デア・フライシュッツ」を読み終え
ていないからなので、カムロがそれを読み終えれば
マーベリックの不死性も失われるのである(因みに
カムロが「デア・フライシュッツ」を読み終えなけ
れば「デア・フライシュッツ」も不滅)。
しかしながら、真名ノ書はマーベリック自身にその
真の名があるページを奪い取られた上にマージスと
共に封印されており、カムロは所在地不定、カムロ
の「デア・フライシュッツ」は行方不明。
2つの弱点を突く行為は至難を極めるだろう。

2007年12月27日作成
図鑑@ヒトワザ。No.484