アークブラッド



(絵は特に描いてません)


設定


極めて希に突然変異的に誕生する、クスシ族の希少
種。白髪が特徴。肉体には恒常的に強力な躯術が働
いているため、ほぼ不老不死。

髪の毛一本から見る夢に至るまで莫大な魔力の塊で
あり、息をするように奇跡を起こすという、魔導の
権化。クスシ族と同じく血液に特に強い魔力を秘め
ており、僅かな一滴だけでも普通の武器に神族や高
位竜を殺す力を与えたり、一つの大陸を一瞬にして
沈めるとされる。

何気なく考えた事や読んだ書物の内容が現実化して
しまうことがあるため、大抵のアークブラッドは自
身の魔力を漏出させないための技術を自然と身につ
ける。希にこの技術を身につけていないアークブラッ
ドや自身がアークブラッドであることを自覚してい
ない者がおり、そうした者の周囲は大変カオスなこ
とになる。

通常のクスシ族と同じく、何かを与えることでそれ
にあった見返りを強制する力<捧血>を持つ。アー
クブラッドが自分の血液によって<捧血>を行うと、
それに含まれるあまりにも強大な力のために、血液
を与えられた者がどうやっても見返りを返しきれず
に、肉体から魂、特殊能力に至るまでの全存在を
<捧血>を行ったアークブラッドに吸収されて、手
放されるまで所有される「破綻」という現象が起き
る。伝説によると、そうして複数の国をコレクショ
ンしたアークブラッドもいたとか……。

圧倒的な能力を持つため他の種族を虫ケラとしか思っ
ていない者が多く、無数の使い魔を率いて世界を蹂
躙し、勇者と死闘を繰り広げるアークブラッドなん
かも存在する。

2010年5月8日作成
図鑑@ヒトワザ。No.655