語尾にアルってつける中国人は実在したんだよ!(仮)@Wiki 巫女

メニュー

登場人物

■ 旧友
■ 家族





取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物像

  • 巫女見習い
  • 学年は一上の同い年

  • 大学の知り合い

  • 長い黒髪
  • 目がきっつい

  • 神主とは仲良さげ、だが神主は迷惑っぽい
  • 実家は神社

  • 最初席が隣だったためメアドゲット

能力

  • 巫女服で踊るサークルに所属
  • どうやらそれ系のを踊れるらしい
  • 人にノートを貸すにもコピーを取るのにすら金を取る
    -> 主人公「」はカモ?

主なイベント

出会い [M16]]

  • 入学式, 隣にいた
  • なんか色々話して番号とアド交換
  • その後会うたびにちょくちょく話す

主人公「」へのアドバイス

「黒いのに襲われたんだけど…」
「珍しいメールが来たと思ったら……妖怪?
私は見たこと無いな。まぁ破魔矢とかなら売ってあげるけど。」
「(それじゃあ)破魔矢ありったけ……」
「冗談だとしたら悪質。本気だとしたら話す相手を間違ってる。
というか、君はいつも考えてることが読めないから対処しにくい……。
私に頼っても力になれないよ。まぁ、でも破魔矢は安くしてあげる。」
爺達の話をしたら
「詐欺じゃない?なんか騙しやすそうな顔してるし。
クーリングオフは知ってるよね?」
「あと、今日学校に行くなら少し話せるかも冗談だったらもう遅いから。」

主人公普通発言に対して
「変わってはいると思う。でも気にすることではないんじゃない?」
主人公「」がいなくなったらどうする?
単位が危ないの?あんまり思いつめないほうがいいよ

近況

  • 新年のバイトに主人公「」を巫女 として働かないかと打診
  • 思わぬ事がきっかけで、体調不良でダウン中の主人公「」の看病に
んーまぁ、暇だったしねー。一人暮しだと病気も心細いと思って
  • 看病しながら主人公「」のためと言い『遠野物語』を読む