まとめてみたり 各種confファイルの概要
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではAthena内部、confフォルダ内にあるconf
ファイルについて説明します。
と言っても、多数あるdocを見たりconfファイルを
直接眺めたりしていれば、特に難なく理解できるでしょう。
時間に余裕のある方は、むしろ自分で調べる事で
理解を深められると思います。
後学のためにも、著者はそちらを推奨します。

1.atcommand_athena.conf

@コマンドを使用可能なGM(ゲームマスター)の
レベルを指定します。
ここで言われるGMLvとは、キャラクターのレベルではなく
アカウントに設定されたGMのレベルを言います。
この機能でGMのレベル制限を行い、
GMメンバー内で@コマンドを制限する事ができます。

また、このレベルが0の場合、全てのキャラクターが
該当@コマンドを使用できます。
例外として、battle_athena.conf内部でも設定できます。

2.battle_athena.conf

サーバプログラム内部の様々な部分に、このファイル内の値を
参照する部分があり、その値の設定を簡単に変更できます。
詳しい説明はdocフォルダ内にあるconf_ref.txtに載っています。

3.char_athena.conf

char-serverの設定ができます。
サーバのID、Password、IP、オートセーブ間隔(秒)や
キャラクター作成時の所持金、スタート地点などを
設定する事ができます。
詳しい説明はdocフォルダ内にあるconf_ref.txtに載っています。
ここでのオートセーブはキャラクターデータのセーブです。

4.converter_athena.conf

わけわかりません、ごめんなさい。

5.inter_athena.conf

いまいちわかりませんが、見る限り
倉庫、ギルド、パーティ、ペット、城の情報を
保存するテキストファイルの指定、
パーティ公平可能レベルの設定を行っているようです。

6.login_athena.conf

login_serverの設定ができます。
著者のファイルには説明がひとつひとつ付いているので、
特に問題はないと思います。

7.map_athena.conf

map_serverの設定ができます。
ID、Password、IP、オートセーブ間隔(秒)や
GMアカウント、ログイン時メッセージ、ヘルプ時の文章を
呼び出すテキストファイルの指定など。
そしてサーバ起動時に読み込むマップファイル、
NPCファイル、ワープポイントなどの全ての設定を
このファイルで行います。
ここでのオートセーブは、マップ上の位置データを指します。

8.msg_athena.conf

主に@コマンド使用時のメッセージを設定します。
特筆すべき事はないでしょう。

9.script_athena.conf

精錬メニューに使われる各種装備部位の名前を設定します。
頭上段装備、鎧、盾、右手武器、肩、靴、
左アクセサリ、右アクセサリ、頭中段装備、
頭下段装備、なし
ある条件で文字化けするようです。

10.socket.conf

DDoS攻撃に対する設定のようですが、
著者は詳しく知りません、ごめんなさい。