成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




『私塾』

『私塾』 は、1700年代にロットヴァレンティーノの『第三図書館』の蔵書庫で開かれている教育の場である。『第三図書館』はプロイセンの北部にある島の貴族の祖先が援助して建てられたもので、その後も援助を続けている。事情があって正式な学舎に通えない少年少女が知識や技術を学ぶ場で、中には蔵書庫に住み込んだり、図書館員の下働きをして生計を立てている子供もいる。
一部の錬金術師達が連絡を取り合い、わけありの子供達を集めて後進を育てようとしたのがこの私塾の始まりである。
私塾では、古典的な錬金術から最新の理論まで幅広く教え、また一般教養に割く時間も多い。


ヒューイ・ラフォレット
私塾に通う少年。幼い頃、魔女狩りで母を失い人間不信に陥り、世界を憎むようになる。
ダルトン曰くラブロに匹敵する天才。トラウマのためか火を使う作品を作ることが多い。
エルマー・C・アルバトロス
私塾に通う少年。後にヒューイの親友となる。
邪教の集団に虐待されながら育てられたため、幸せが理解できず笑顔にこだわるようになる。
モニカ・カンパネルラ
焼き菓子職人の家で働きながら私塾に通っている少女。本名はマリベル・ボロニアル。
幼い頃、ドルメンテル家で起こした事件のため名と身分を捨てた。
ダルトン・ストラウス
私塾の塾長。不死者の錬金術師。右手は義手。マーズ家とは古い知り合い。
ルネ・パルメデス・ブランヴィリエ
私塾の講師。錬金術と歴史専門。
ダルトンと共に不死者になった女性錬金術師。
アルカンジェロ
私塾の講師。ダルトンと共に不死者になった男性錬金術師。


名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。