成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




宗教教団『SAMPLE』

宗教教団『SAMPLE』 は、数百年前から欧州各地に存在するカルト宗教である。彼らは薬物など様々な方法で自分達の中から苦痛を消し去り、その苦痛を誰かに引き受けさせねばならないと考える。そのため『贄神』として選ばれた子供は、『絶対的な不幸と苦痛を背負う自分達の苦しみの代替者』として生まれてからずっとありとあらゆる苦痛を与えられ、10歳になると殺される。他の宗教は拒まず、信者が望むなら掛け持ちすることも自由。
人物ではなく聖典を元に同じ信仰を持ち続けるので、代は替わっても教義を生み出し続ける教祖であるということで、道主は代々教祖と名乗る。聖典は古くは羊皮紙で書かれ、現代はルーズリーフになっている。


ブライド
『SAMPLE』43代目教祖。ゲームオタ。
一見ヘラヘラして頼りないが、ブドウ糖液を注射することで『教祖』になる。
秘書
ブライドに付き従う女性二人。できそこないの不死者。
大男
ゴリラのような風貌に反して理知的な話し方をする。できそこないの不死者。
ヴィラレスク
顔に赤黒い包帯を巻いている男。
正体はラブロ・フェルメート・ヴィラレスク。
ブライドの死後、監察役として新しい道主にイルネスを指名する。
リッケル
イグジットの副船長。『SAMPLE』の信者。
ルーコット・ディアス
本名シリス・アーティア。欧州のサン・クリステル事務所という興信所の社員。
『SAMPLE』に入信した息子の様子がおかしいので調査して欲しいという依頼を受けて潜入した。


名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。