成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




北欧の村の住民

北欧のとある国の森の奥にある村。極端に閉鎖的で、村人は生まれてから一度も村を出ることがない。外部との交流は、時々やってくる「行商人」ぐらいである。
アメリカでセラードの助手として研究をしていたセラードの子孫が、セラードの失踪をきっかけにクェーツ家があったこの国に戻って造った。セラードが政府内部に作っていたコネと財産とクェーツ家の土地で村を造り、周囲の木々に出来損ないの薬液を注入して、寿命以外で枯れない森を造って囲わせ外部と断絶させた。本来はホムンクルスの成長過程を研究するために造られたが、現在村を管理するビルトが罪悪感に駆られて観察・交流を怠っているため、フィルの虐待など村の歪みは気付かれずそのままになっている。


フィル
顔がよく似ていて、名前と意識を共有している5人の少女。
村では酷使、虐待されている。
クェーツ一族が造った不完全なホムンクルス。
成長しない代わりに寿命が短くそのため常時5体を起動させていた。
記憶は液体に蓄積され、新しい肉体に移植される。
デズ・ニビル
前村長の娘と結婚して村長になった男。フィルを虐待する。
クェーツ一族が造った不完全なホムンクルス。
人間と同じように成長・老化するタイプ。二体目の体。
フィルと同じく記憶は液体に蓄積され、新しい肉体に移植される。
フェルト・ニビル
デズの息子。実際は生まれてすぐ死亡した。
死体を培養液に入れて育てることによってデズと意識を共有する存在となる。
ビルト・クェーツ
セラードの子孫。男性。
セラードの助手をしていた祖父や父から研究を引き継いでいた。『行商人』もしている。
研究に罪悪感を感じ、研究をやめたがっている。

名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。