成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




白服集団(マフィア崩れ)

白服集団 』は、1931年のフライング・プッシーフット号事件において、強盗殺人を企てた集団の通称である。集団の面々が犯行の際に白いタキシードとドレスで服装を整えていたため、このように呼ばれる。首謀者のラッド・ルッソをはじめ、構成員は大部分が「快楽のために人を殺す」という殺人享楽者たちで、白い服を身に纏っていたのも「返り血が目立って美しいから」という理由であった。



ラッド・ルッソ
『白服集団』の長。ルッソ・ファミリーのボス、プラチド・ルッソの実の甥であり殺し屋。
快楽殺人者で特に自分が死ぬかもしれないと思わない人間を殺すことに悦びを感じる。
クレア、ヒューイ、メルヴィを特に殺したいと狙っている。
ルーア・クライン
『白服集団』の一員。ラッドの婚約者。女性。死にたがり。
ビッキー
『白服集団』の一員。男性。食堂車制圧担当。
デューン
『白服集団』の一員。ルッソ・ファミリーの構成員でもある。男性。車掌室制圧担当。
フー
『白服集団』の一員。ラッドの幼馴染。男性。



  • デューンって確かクレアにグッチョグチョのベッチャベチャな感じにされてた奴? -- フィーロって実は(ry (2011-05-28 17:50:35)
  • 1932臨時急行にてラッドの幼馴染のフー(Who are you?といつも聞かれることから)が白服集団にいたことが明かされた -- 名無しさん (2011-09-03 01:56:41)
名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。