成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




ルッソ・ファミリー

ルッソ・ファミリー は、シカゴに拠点を置くマフィア組織。表向きは自動車販売業。現在の(??-1934年)ボスは、プラチド・ルッソ。

かつては全米に名を轟かせていた強大なマフィアであったが、1930年頃から相次いで起こり始めた不幸により、歯車が狂い始める。現在ではボスのプラチドが、「シカゴで最も終わりに近い男」と渾名されるほどである。



プラチド・ルッソ
ルッソ・ファミリーのボス。男性。
ラッドの実の叔父である。ラッドを疎ましく思いつつも、彼の殺し屋としての能力には一目置いているため、時にファミリーの仕事を回すこともある(寧ろファミリーの実力的にラッドに頼らざるを得ない場合が多い)。
1934年には、ネブラ社と手を結び、レイルら『吸血鬼』のホムンクルスの捕獲と引き換えに、未完成の「酒」を飲んで「出来損ない」となるも、任務が失敗に終わり、最後はルネに喰われて消滅する。
ラッド・ルッソ
プラチドの甥。
己の殺人欲求と合致していたため、ファミリーの仕事に加わることもあったが、最終的にはプラチドの実力を見限って離反する。
詳しくは白服集団(マフィア崩れ)の項を参照。
リカルド・ルッソ
プラチドの孫。男装しているが実際は女性。本名はリディア・ルッソ。
シャムに意識を乗っ取られかけたが、女だったため支配は失敗し現在は意識を共有している。
クリ-ク
ルッソ・ファミリーの幹部。男性。
頬に傷があるのが特徴。プラチド同様「出来損ない」となり、グラハムに『吸血鬼』捕獲の指令を出していたが、最後はルネに喰われる。
シダリス
ルッソ・ファミリーの幹部(?)。男性。
1931年に、ファミリーと対立していた不良少年集団の長・ジャグジーを襲撃するも、ニース・ドニーらの返り討ちに遭い、死亡した。
デューン
ルッソ・ファミリーの構成員。男性。ラッドの直属の部下でフライング・プッシーフット号に同行した。
グラハム・スペクター
ルッソ・ファミリーの下働き兼ラッドの舎弟。男性。
シカゴで自動車工場の作業員をしていたが工場が潰れたのを機にNYへ移住し愚連隊のリーダーになる。
ジャグジー一味の兄貴分的存在でもありスミスの弟分でもある。
物品の破壊に異常に快感を感じる性癖の持ち主。「○○…○○話をしよう」から始まる独り言を言う癖がある。
シャフト
グラハムの舎弟。男性。
グラハムの奇々怪々な言動にツッコミを入れる役回りとなることが多い。その正体はシャムの一固体で、1934年の事件の際は、グラハムを『ドルチェ』に誘導するなど影で暗躍した。しかし、グラハムのことは心から尊敬している様である。
トゥーディー
グラハムの舎弟。男性。
フィーロのカジノでイカサマがバレて、両手の指を全部折られる。
クリストファー・シャルドレード
ヒューイの組織『吸血鬼(ラミア)』の一員だったホムンクルスの男性。
瀕死のところをリカルドに助けられ、一緒に暮らすようになる。


  • シャフト最高! -- 名無しさん (2013-03-01 22:06:09)
  • グラハムは不死者じゃないんでしょ? -- 名無しさん (2013-08-13 23:16:40)
名前:
コメント:
2

更新履歴

取得中です。