成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




フレッドの病院

フレッドの病院 は、フレッドが院長を務めるニューヨークのイースト・ヴィレッジにある小さな外科医院である。1931年頃はフレッドが遠出していたため閉院していたが、彼の帰還(1931年末)と共に営業を再開した模様である。
不況が続く中、フレッドが廃業したホテルを買い取り失業者のための宿泊施設が作られる。出資者の中にはマルティージョ・ファミリー、ガンドール・ファミリーもいる。



フレッド
外科医。男性。元軍医。
顔を含めた体全体を灰色の服で包み込む、という奇妙な出で立ちをしている。また、その外見に、浮世離れしているかのような雰囲気が相まって見た者に『灰色魔術師』というような印象を与えている。灰色の服を着るのは、本人によれば「世界に溶け込むのに適している」ためであるらしい。
フー
フレッドの助手。男性。ラッドの幼馴染。
フライング・プッシーフット号に乗り込んだ白服一味の一人だったが、フレッドに頼み込んで助手にしてもらって逮捕を免れる。
ロイ・マードック
麻薬に敏感な体質の麻薬中毒の青年。スコットランド系移民。
退院後、フレッドの宿泊施設の管理手伝いをしている。イーディスの恋人。
アパム
宿泊施設の朝食係。男性。
『幽霊』の一員だったが運良く官憲の目を逃れNYに辿り着く。
朝は宿泊施設で働き、昼はビルの内装工事をして金を貯めて楽器奏者になることを目標にしている。



  • 入院患者リスト
    • ジャグジー(『1931』後)
    • ジャック(同上)
    • ロイ(『1932』後。またそれ以前にも頻繁に)
    • アルキンス(『1932』後)
    • スミス(同上)
    • アデル(『1933』後)



  • フレッドって体じゅうに傷があるんじゃなかったっけ?あとフーが助手になるんだよね。列車事件のあと。 -- 名無しさん (2013-07-30 15:09:12)
名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。