成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




バルシュタイン一族

バルシュタイン一族 は、グローワース島の領主を務める吸血鬼の一族である。バルシュタイン家は吸血鬼としての血族と人間としての血族に分かれていたが、人間側の血族は最後の一人であるテオドシウスが吸血鬼になったことで途絶えた。
バルシュタイン家は元々貴族ではあったが、子爵の称号(ドイツには本来存在しない)と領地としてのグローワース島は、ゲルハルトが時のドイツ皇帝から賜ったものである。

ゲルハルト・フォン・バルシュタイン
バルシュタイン城の領主である吸血鬼。レリックとフェレットの養父。
赤いスライム状の姿をしており、自らの体で文字を作って会話を行う。
『子爵』(ヴォッドからは『伯爵』)と呼ばれ親しまれている。
ドロシーの婚約者で、メルヒルムの幼馴染。『組織』の幹部でもある。後天的吸血鬼。
レリック・フォン・バルシュタイン
バルシュタイン城の新領主である吸血鬼。ゲルハルトの養子でフェレットの双子の兄。
強力な吸血鬼を交配させ続けて純粋な遺存種(レリック)を生み出そうという、メルヒルムの実験によって生まれた。
通常吸血鬼が使える多くの能力を強力なパワーで使えるが、全ての弱点も引き継いでしまった。
フェレット・フォン・バルシュタイン
ゲルハルトの養女でレリックの双子の妹の吸血鬼。
本来は片割れの弱点を全て引き受けるために造られたが、能力も弱点も全て兄に受け継がれた。
吸血も不要。貴族という身分にこだわり、丁寧な口調で話す。
テオドシウス・M・バルシュタイン
子爵の遠縁にあたる吸血鬼。男性。通称『博士』。
多くの吸血鬼の血肉を吸収・融合させて、後天的に強力な吸血鬼を作り出すというメルヒルムの実験によって吸血鬼になる。
実験の影響と失敗作として捨てられたショックで精神に異常をきたし、『楽殺者』となる。
正気を取り戻した後は、バルシュタイン城の地下で『教授』と研究をして暮らしている。
先代の城主
ゲルハルトの義父。人間であったが異形に好かれる人物。


名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。