成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




バルシュタイン城の住人

バルシュタイン城 は、グローワース島の南側の山の頂上付近に位置する中世風の城である。島のシンボルにして最大の観光名所である。
城の地上部分は観光施設と居住施設に分かれており、観光客には住人が住む場所があることは気付かれていない。城内には城主一家や城主に仕えるメイドや人狼や居候の吸血鬼等、地下には様々な異能・怪異の世界の存在が住んでいる。

ゾブ
通称ゾブ婆。城主に仕える人狼を率いる。
普段はよぼよぼの老婆だが、変化すると巨大な銀色の人狼になる。
子爵が若い頃から仕えていて、子爵やメルヒルムを子供扱いする。
セリム・ヴァージェス
地下の処刑場跡に住む、植物から進化した吸血鬼。アルラウネ。
処刑された吸血鬼の血を浴びてから、枯れなくなり自我を持つようになる。
心の交流を持った少女セリムと、処刑人ヴァージェスの名字を自分の名として名乗る。
教授
城の地下の研究棟で博士と暮らしている喋る棺桶。中に白骨が入っている。
白骨は吸血鬼エルザの物だが、教授にその頃の記憶はなく、魂が同じなのかは不明。
メリーナ
バルシュタイン城地下に住むスキュラ。下半身は蛇の群。女性(?)。
城内の格闘大会優勝者。
トト号
バルシュタイン城地下の入口を守る動く巨大な甲冑。
城内の格闘大会にも参加した。
ザ・パズル
バルシュタイン城の地下に住むスケルトン。
ツォン
バルシュタイン城の地下に住む、札が貼り付けられている中国服を着た男。
青髪の人狼
レリックやフェレットの護衛頭的な存在。彼がユナを助けたことから島の殺人事件が起きることになる。
キーラ
城内で働く緑の服を着ているメイド達を束ねるメイド長。ゲルハルトも頭が上がらない。
メイドのほとんどはブーヴァン・シーと呼ばれる吸血鬼である。夢魔も混じっている。
レルード・ファランス
城に住む夢魔のメイド。池袋に家出をしたがすぐ戻ってきた。
ピリエ・ミストウォーカー
道化のような恰好をした少女の姿の吸血鬼。霧化の能力を持つ。弱点は日光。
ニューヨークで殺されかけたところをヴォッドに助けられてから、ヴォッドを慕うようになる。
現在はヴォッドの命でバルシュタイン城に居候している。
ヴァルドレッド・アイヴァンホー
スイカから進化した吸血鬼。念力と幻覚による変身能力を持つ。
魂の転写によって能力を統合しようというメルヒルムの実験によって生まれた。
ヴォッドの部下として派遣されたが、バルシュタイン城で暮らすことになる。
ルーディーの攻撃で本体を破壊されたが、島と同化することで消滅を免れる。
間宮雅司
日本の刃金市出身の後天的吸血鬼。元は手品マニアのビジネスマン。
『組織』からヴォッドの補佐としてグローワース島に派遣された。
レリックに負けた後は寝返り、バルシュタイン城に居候している。通称マジー。
ニート組
バルシュタイン城に居候している吸血鬼の集団。
ヴォッドの部下だったが寝返った。
その内の一人の女吸血鬼はマジーと交際している。
カルギラ
人間の吸血鬼駆除屋。
吸血鬼の被害をなくすために、子爵が支配したまま仲間と共に住まわせている。
カルナルド・シュトラスブルク
世界的に有名な芸術家。絵画や彫刻など様々な方面で活躍した。男性。故人。
先代のバルシュタイン城主に宮廷画家として仕えていた。
裏の顔は吸血鬼狩人兼食鬼人兼吸血鬼収集家であり、そのため人間と吸血鬼との橋渡しとして活躍した。
現在グローワース島が吸血鬼など様々な人外が多く暮らす礎となった人物。


名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。