※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
命の大切さについて語り合ってた。

結局のところ「死ぬこと」にリアリティを感じなくなってきてんだよね。
漫画やアニメ、ドラマ・映画なんかだとドンドン人が死んでくからさ。
前にビートたけしがブラザーの上映してたときだったかな?「オレは銃で撃たれたときの痛さをちゃんと描いてんだよ」とか言ってた。
そういうのって大事だよね。

人が死ぬことにリアリティを感じないから人を殺すことも自分を殺すことも軽く感じちゃうんだよね。
江守徹が「想像力がないんだよ」って言ってたけど、つまりそういうことなんだと思う。

一回自分の腕を思いっきりつねってみ?
シャーペンで自分の腕を刺してみ?

痛いっしょ?

死ぬほどの傷ってそんなもんじゃねーよ?
テレビで「胸を4カ所刺されて死亡」とか言ってたらさ、想像してみ?
自分の胸に4カ所穴が空くことを。
刃先が肌にあたってから、奥深くまで刃物が食い込んでくる様を。
そんときの苦しむ顔を。
想像するだけで痛いやん。

きれいごとに聞こえるかもしれんけどね。
もっと自分を、人を大事にしようよ。
法律がどうとか規則がどうとか関係ないよ。
なんとなく感覚で分かってればいいと思う。
痛い、怖い、悲しいってことが。


カテゴリ: [2006年1月] - &trackback- 2006年01月15日 01:01:04
名前: コメント:
#blognavi