※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑賀 珠子(さいか たまこ)


考え込むタマ、そして彼女は口を開いた
「…心、常に水面のごとく穏やかに…森羅万象全て我が事の埒外なり。己の御霊を筒先にこめるべし、これぞ砲術の初伝にして奥義なり…」

SS『狙撃手の本領』より

強襲科狙撃分隊所属
3号生徒

戦国時代より続く雑賀衆の末裔。
寡黙。

登場SS