|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

プログラミングのお勉強Blog/2005年08月20日/サーバー作り

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
まずはお勉強環境を作ろう。
我が家で眠っていたFedora Core1 のPCをFedora Core4にアップグレードする。

Fedora Core 4 インストール


http://fedora.jp/ をチェック。
お、4枚もCD-Rがいるのか。。。。
うーん、、、、と思ったら、賢いサイトを発見。


FedoraのレスキューCDだけ作って後はFTPインストールする方法。これだと、レスキューCD分の84MBだけ落として、CD1枚だけ焼けばいい。おー、なるほど。

早速CD1枚分ダウンロードし、焼く。
このCDでブートするとちゃんと、インストール画面が上がってきた。あとは@ITの手順どおり。

全部で1時間ぐらいでインストール終了。ネットワークインストールなのに結構速いな。ちなみに我が家のネットワークは100MBの光。

VNC Server のセットアップ


我が家のPCサーバーは使いにくいところに置いてあるので、リモートで使えないと話にならん。
ということで、 VNC をセットアップする。

Pocketstudioさんのサイトを発見。
おー、すごく整理されてる。。。こりゃ分かりやすい。

まず、Fedoraを起動したら自動でVNC Server が起動されるようにXinetd に登録する。
お、Fedora Core4は標準でXinetdが入ってないらしい。。
こんなエラーがでた。
# /sbin/service xinetd restart
xinetd: unrecognized service

まずは、Xinetdをインストール。
# yum -y install xinetd

OK。インストール完了。

次は、VNC Serverのインストール。

ここを参照。
VNC サーバ設定例2

xinetd経由で起動できるように設定。

で、クライアントからVNC Viewerで起動してみる。

おーー!。 でた。
Fedora Core1の時はVNCが使用中に固まったりなんか安定していなかったんだけど、FC4になったらまったく問題なしだ。

よし、これで、とりあえずOS環境はそろった。
もう少しFC4を育てないと面白くないかな。。



カテゴリ: [Fedora Core] - &trackback- 2005年08月20日 02:13:31
-
名前: コメント:
#blognavi

カテゴリ


コメント


更新履歴

取得中です。