CB750の種類

CB750には大きく分けて、3つのタイプがあります。

一つめが市販車、二つめが教習車仕様、三つめが海外向けのCB SevenFifty

番外編としては、ホワイトハウスから発売されたCB750CAFEもあります。

市販車を基準として他の車両との差異を以下に纏めます。

●CB750教習車仕様

外装

ハンドル変更(アップハンドル装着、防振バランサー無し)

大型エンジンガード・マフラーガード装着

走行状況表示ランプ装着

速度警告灯 末尾がⅡの車両が該当

ウインカー形状変更

センタースタンドグリップ装備

ヘッドライト変更(シールドビーム方式、ポジションランプ装備)

ミラー変更(角→丸)

マフラー変更(メッキ→黒塗装)

シート変更(ローシート装着)

機構

大型オイルクーラーとファンを装着(低速走行主体のため)

エンジン圧縮比デチューン(9.3→8.8)

エンジン馬力デチューン(75PS→73PS)

エンジントルクデチューン(6.5kg-m→6.3kg-m)

クラッチ形式変更(ワイヤー式→油圧式)

リアブレーキ変更 (1pot→2pot)

キャブレター 年式によって変更

ギア比 年式によって変更


●CB SevenFifty(海外向け製品)

フルスケールメーター(240km表示)

ヘッドライトスイッチを装備

マフラー内部の作り

車体色の種類

サイドカバーのステッカーを変更 CB SevenFifty 表記

CB750CAFE

リンクを参考にしてください。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。