リーモー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 まだ編集されてません。

 

近況

「不老不死の薬を作りに行く!」と知人に伝え家族共々行方不明に。数ヵ月後宮崎にてトマトを栽培していることが判明。現在に至る。

  

人物像

なんでやね~ん

本人に限りなく近いイメージ(イルカに乗った少年バージョン)

本名:ヤッシモリンスタンザニアンス

長大祭で厨房担当であったが、ラーメンのスープの出来に満足できなかったのか、
ひたすらパイタンを混ぜながら、「バイヤー(やばいの意)、、ズイマー(不味いの意)」と連呼しているうちに
本人も逆さま言葉で「リーモー」と呼ばれる様になったとの説もある。

 

現役時代の伝説

※年末のアンコール(カラオケ)で遭難者続出。このとき最後の遭難者となる。

数名を搬送した救助隊も最後の一人の遭難者(タンザニアンス)を確認はしたものの今一歩力及ばず「体力の限界!(千代の富士風)」と救助活動打ち切り。12月末真冬の路上に寝ゲロしたまま放置プレイ。捜索は翌日へ、遭難者死亡が強く疑われたがが翌日生存確認、タンザニアの人は生きる力あります。

 

※昔悪かった説

※その頃髪の毛七色説

※初体験は逆レイプ説

※ミニスカモリス

 

 

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。