まちづくりのABCD


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Asset-Based Community Development
(=ABCD、資産重視のコミュニティ開発)

まちづくりの活動は数あれど、地域の個性を確保しながら全国へと普及・展開していく活動はなかなかありません。
米国ノースウェスト大学ABCD研究所/JohnKretzmann教授とJohnMcKnight教授によって開発されたコミュニティ・デベロップメントのフレームワーク『Asset-BasedCommunityDevelopment(=ABCD)』は、30年の研究における集大成であり、欧州にも波及する汎用性の高い実践的方法論です。

「地域を織り成すあらゆる人材が地域改善の能力を持つ」という視点に立脚したABCDの方法論は、「多様な主体による新しい市民社会」と「個性豊かな地域社会」を同時に叶える具体的な筋道を示唆するだけでなく、古来より日本の村社会備えていた互助システムを呼び覚まし、アジアの隣国に大きな刺激と希望を与えるものと信じます。

私たちは以下の業務をプロジェクトとして推進します。

①ABCDのエッセンスを日本語で紹介すること
②ABCDを広く普及させ全国各地で活用してもらうこと

なお、上記に賛同いただける方は斉藤までご連絡下さい。できるだけ多くの方にご協力いただきたいと思いますが、プロジェクトを円滑に進めるためには信頼関係が重要になります。営利目的を主眼とする人やフリーライダーはご遠慮願います。また、著作権上の問題があるので、しばらくは関係者内での公開に制限します。

▼関係者コミュニケーション用サイト
http://www.enzin.net/group/ABCD

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|