COTO-PRESENT

Naoki YASUDA


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


安田直己 / percussion

私立洛南高等学校を経て、2007年京都市立芸術大学卒業。卒業演奏会に出演。打楽器を伊藤朱美子、山本毅、種谷睦子、クツノユキヒデの各氏に師事。尾高忠明氏の推薦を受け、ロームミュージックファンデーション『室内楽コンサート2006』にティンパニ奏者として出演。小澤征爾音楽塾Ⅶに参加。国内の主要なオーケストラにティンパニ、打楽器客員奏者として随時出演。2007年5月には、国公立の芸術大学が集まり開催される四芸祭ブラスバンド演奏会にて『A.ジョリベ/打楽器と管弦楽のための協奏曲(ブラスバンド編曲)』の打楽器ソリストを務め、また同年11月には、『Art Collaboration Live』と題して、京都市立芸術大学の美術科学生が創作した打楽器を使って自作曲・打楽器ソロ曲を演奏するソロリサイタルを企画、演奏し、いずれも成功を収めた。ピアノトリオ「沓掛ホッとブラザーズ」メンバー。