※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


2008-07-01 16:03:57 (Tue)


shutdown コマンドを使用する
C:\WINDOWS\system32\shutdown.exe
usage:shutdown [-i | -l | -s | -r | -a] [-f] [-m \\コンピュータ名] [-t xx] [-c "コメント"] [-d up:xx:yy]

オプション 概要
-i GUI インターフェイスを表示します。このオプションは最初に指定する必要があります
-l ログオフ (-m オプションとは併用できません)
-s コンピュータをシャットダウンします
-r コンピュータをシャットダウンして再起動します
-a システム シャットダウンを中止します
-m \\コンピュータ名 シャットダウン/再起動/中止するリモート コンピュータの名前です
-t xx シャットダウンのタイムアウトを xx 秒に設定します
-c "コメント" シャットダウンのコメントです (127 文字まで)
-f 実行中のアプリケーションを警告なしに閉じます
-d [u][p]:xx:yy シャットダウンの理由コードです
u = ユーザー コード
p = 計画されたシャットダウンのコード
xx = 重大な理由コード (255 以下の正の整数)
yy = 重大ではない理由コード (65535 以下の正の整数)

shutdown -s -t 10 -f
と実行すれば、10秒後に強制シャットダウンとなります。