※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


2008-07-25 10:34:38 (Fri)



SUM関数と配列数式を応用する

例:
1行から100行までの表があって、B列が値1と一致し、E列が値2以上の件数をカウントする場合
=SUM((B1:B100=値1)*(E1:E100>=値2))
と入力して、CTRL+SHIFT+ENTERキーを押す。