参考文献


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実証分析 

  •  井上有弘(2003) 「信用金庫の規模の経済性と合併効果-生産関数の推計と合併事例による分析」『信金中金月報』2003年2月増刊号

 

  •  星野靖雄(1992) 『中小金融機関の合併』多賀出版

 

  •  峰岸信哉(2003) 「金融機関の組織形態の相違と地域金融-株式会社組織と協同組織の比較:X非効率性の計測」

 

  •    宮越龍義(1993) 「信用金庫における範囲の経済性と規模の経済性」『経済研究』第44巻第3号, pp.233-242

現場の事情

  •  荒井一久(2007)「地域金融機関の課題-主として信用金庫を中心に」(吉野直行、藤田康範編『中小企業金融と金融環境の変化』第2章所収)

     木村(2006)と中身はほぼ同じ。

  •  木村隆治(2006)「地域金融機関の課題について-主として信用金庫を中心に」(吉野直行、渡辺幸男編『中小企業の現状と中小企業金融』第3章所収)

     銀行との比較から協同金融機関の意義を説明。洞察に富む。

  •  村本孜(2005) 『リレーションシップ・バンキングと金融システム』東洋経済新報社の第6章4節

     信用金庫の性格、特色といった位置づけがコンパクトにまとめられている。

  •  貫井志幸(2006)「中小企業と信用金庫」(」(吉野直行、渡辺幸男編『中小企業の現状と中小企業金融』第4章所収)

    金融監督への批判(金融検査マニュアル、預金保険料率)がおもしろい。  

 

  • 上野善晴(2006) 「中小・地域金融機関の展望」(吉野直行、藤田康範、土居丈朗編『中小企業と日本経済』第2章所収)

    データを羅列しただけ。有益な知見はない。