※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
死について考えたことがない、という人はまずいないと思います。が、やはり普段はこういうものは遠ざけておきたい、あまり考えないでおこう、というのが自然な人の心なんでしょうか。

実際、こういうのに真剣に向き合うのにはとてもエネルギーがいるんですよね。ただ、最近頑張って考えて思ったのは、死を意識することで、その対極にある生もしっかり意識することができるってことでしょうか。「明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」。ちょっと印象に残った親鸞聖人の詩です。死を意識することで、ただ普通の1日を一生懸命生きることができるなら、死もまた自分の大切な一部なのだ、とちょっと生意気にもそんなことを思いました。

明日からはまたいつもの毎日が始まりますが、良い意味で今までとはちょっと違った過ごしかたにしたいですね。


カテゴリ: [独り言] - &trackback- 2006年08月27日 21:18:26
名前: コメント:
#blognavi