Tactics Ogre de Endless Battle ver.にごたん @wiki センチ

メニュー
ウォーレンレポート


廃墟■ ←New!!


スレで聞く前に検索



累計  -
今日  -
昨日  -


取得中です。

速攻*センチ

ステータス

コードネーム
メンタル
クラス
ニンジャマスター
装備
ベルセルク 大地の指輪 ベンティスカ → ベンティスカ 大地の指輪
建国暦
なし



備考

3鯖の隅で今日もひっそりと生きる雑魚。
特に言うべきことはない。強いて言うならクルマが好き。それだけだ。
ウォリアーを目指すも、レベルが低いうちにフェンサーになり地雷を踏む。
育成の辛さからフェンサーを断念。次なる下積みとしてニンジャマスターを選んだヘタレである。
どうでもいいことだが、ベルセルクが完成する直前にベンティスカを拾ってしまった。
今までレアらしいレアなど拾ったことがなかったというのにこのタイミング…。
なんだこれは。神の采配か。
クラスと指輪の補正+武器の命中からベルで捨て身か、単純にホリラン、ブリューかで小一時間迷う。
ちなみにこれを書いている現在もまだ決まっていない。
どうやら決断力もなさそうである。
(自筆)

ホリラン、ブリューを使うことをオススメする
ニンジャ系と相性もいい武器なので。
(名無し)

↑アドバイスありがとうございます。
色々悩みましたが、やはりNT攻撃力の魅力には勝てず。ベルセルクを手放します。
ちなみにこの備考は某コオロギ氏に触発されて真似た訳ではない。ほ、本当なんだからね!
(自筆)


備考2

3鯖の隅で今日もひっそりと生きる雑魚。
特に言うべきことはない。強いて言うならコーヒーも好き。それだけだ。
丸一日悩んだ末、丹精込めて鍛えたベルセルクを涙ながらに売りに出した。
どうか責めないでやって欲しい。
私はまだ見ぬレアの力と、己の新しい可能性を知りたくなったのだ。
それは未知への挑戦であり、強さへの憧憬だ。それを否定することは男である以上、誰にも出来まい。
まあ、ぶっちゃけ「掘りランって響きがアレで良いよな」と考えた末の行動だというのはもちろん秘密である。
さて、愛するベルたんを手放して装備に空きを作った以上、次なる拾いに期待がかかるのは無理からぬことであろう。
かくいう私は「なんてな、すぐに来るわけねーよw」という口調とは裏腹に、内心かなり期待していた。
そして迎えた狩りの瞬間。
初めて使うベンティスカは軽く、当たらず、ぶっちゃけ弱かった。思わず愛しのベルを偲んでしまうほどに。
ああ、ものすっごい後悔したさ!ちくしょう!
しかし神はコーヒー好きを見捨てはしなかった。
画面に光る黄色文字。
「武器を獲得」
思わず声が出た。
なんと!ベルを売ったその次の戦闘で速攻で拾ってしまったのだ!
なんというタイミング。まさしく神の采配に違いない。
私の葛藤はこのためにあった。流した涙も無駄ではなかったのだ。
「ベルセルク?あんな爪いるかよwきめぇwww」
落胆から一転、大きな期待に狂喜する私は真に阿呆だった。
震える指でマウスを押す。
「ソードオブミカド」
どう見ても即売りです。本当にありが(ry
(ゴメンよベルたん…涙の自筆)

乙w
知性は知的なツンデレラ
普段は連続で拾うこともあるのに、いざ待ちモードに入ると…
狩り10日目にしてようやく出逢えましたよ…
(名無し)