Tactics Ogre de Endless Battle ver.にごたん @wiki 2鯖2007年12月戦史

メニュー
ウォーレンレポート


廃墟■ ←New!!


スレで聞く前に検索



累計  -
今日  -
昨日  -


取得中です。

2007年12月の歴史

火竜の月14日の大戦~勇者パーティーの解散

火竜の月14日の大戦では次の2国が残った。ノーマーク爆牌党とジョンである。
大戦終了後1時間以内に建てられた国の数はわずか7国。
その中の1国が特殊だったのだ。

火竜の月14日~ 11/25 ~〔16:00〕 ジャン が勇者パーティーを建国。最高指導者にジャンが就任。

勇者パーティーに異様な数の人たちが集まった。総帥をはじめとして国民の多くは、先の大戦において
固まって1つの国に亡命してノーマーク爆牌党にくり返し攻撃を仕掛けたが撃退された人々であった。

火竜の月14日~ 11/25 ~〔22:41〕 勇者パーティーがゆうしゃたちがあらわれた!を発動。ノーマーク爆牌党へ侵攻開始。

勇者パーティが40人を超えるオンで圧倒し、二度目の要塞突撃でノーマークの要塞を落とした。
翌日、勇者パーティーは、大戦を残ったもう1つの国であったジョンを滅ぼす。
大戦の借りを返す目的で集まった勇者たちの多くが新しい国へ旅立っていった。

群雄割拠の時代~3強国滅亡

勇者パーティーは規模を縮小し、最終的には中堅国家として落ち着くこととなる。
圧倒的な大国がないなか、中小様々な規模の国により活発に戦略が行われた。
この時期で印象的だったのは、火竜の月21日に煌きの総帥ハスター氏が3回戦略を発動したことだ。
朝襲、昼襲には批判も多いだろうが、個人的にはハスター氏の積極的な行動にエールを送りたい。

多くの国が滅びていく中、3つの強国が生まれた。
Pluto(北のbanker)、モルボル群棲地(ライド・ザ・ライトニング)、マシャチューシェッチュ強化大学(DJK)

モルボルとマシャチューシェッチュが小国攻めを間に入れながら争いをしている中、Plutoは小国攻めにより南瓜を稼ぐ。
光竜の月3日、膠着状態は打開される。Plutoとモルボルの2国がマシャチューシェッチュを攻め、マシャチューシェッチュ滅亡。
Plutoとモルボルの2国で覇権争いが始まるかと思われたが

光竜の月4日~ 12/10 ~〔22:34〕 だっふんだが( ^ω^)はぁくを発動。モルボル群棲地へ侵攻開始。
光竜の月4日~ 12/10 ~〔22:50〕 絶対★小国至上主義がすみません触手嫌いなんです><を発動。モルボル群棲地へ侵攻開始。

この日の戦いでは決着がつかず、勝負は次の日に持ち越される。光竜の月5日、だっふんだと絶対★小国至上主義によるモルボルのオフ狩りが行われ、オフ狩りを察知したPlutoがこれに便乗、モルボル滅亡。

唯1つの大国となったPlutoにより小国攻めが行われ、絶対★小国至上主義も滅亡。Plutoが覇権をにぎると思われたが

光竜の月7日~ 12/13 ~〔22:51〕 だっふんだが各個撃破させないわよっを発動。Plutoへ侵攻開始。
光竜の月7日~ 12/13 ~〔22:53〕 だっふんだの侵攻により、Pluto国民総年越計画が陥落。Pluto滅亡。



くるぶしの快進撃


光竜の月7日~ 12/13 ~〔23:47〕 タルタロス がくるぶしつやつや病を建国。最高指導者にタルタロスが就任。

くるぶしは元Pluto国民を集める。オン数が多く、総帥が好戦的なくるぶしには南瓜が集まっていった。
一方、だっふんだでは、らじお氏がしばらく戦略時間帯にオンできないことを明言し自ら総帥から降り、心臓氏が代理として総帥職に就くこととなった。
ハスター氏率いる天上の楽園ソラリスに強力なメンバーが集まっていたが、夜襲を繰り返して警戒されたためであろうか、すぐに潰された。
LOW氏率いるチンロモ=ゲコの国民にも勇士がそろっていたが、その多くが闇武器涙目の会へ援軍に行ったところ、くるぶしの攻撃により滅亡した。
くるぶしとだっふんだの間でも戦略は行われたが、力が拮抗していて決着はつかなかった。

このような状況の中で、闇武器涙目の会に静かに人が集まっていった。
建国当初は、闇武器持ちばかりでオウガセット・魔道器持ちが多い、攻めにくいが守りやすい国であった。
亡国からの人の流入により、闇武器涙目の会は変化していった。
技持ち・聖剣持ち・魔法職などを加えて、2鯖の最強国家になったのであった。

光竜の月16日~ 12/22 ~〔22:16〕 闇武器涙目の会がカンスト鬼セ誕生祝賀涙目を発動。くるぶしつやつや病へ侵攻開始。
光竜の月16日~ 12/22 ~〔22:35〕 くるぶしつやつや病が、闇武器涙目の会に応戦開始。

くるぶしつやつや病の快進撃もこれで終わりかと思われたが‥‥

光竜の月16日~ 12/22 ~〔22:42〕 だっふんだが闇武器以外も涙目です><を発動。闇武器涙目の会へ侵攻開始。
光竜の月16日~ 12/22 ~〔23:12〕 くるぶしつやつや病の侵攻により、ブリュンor鬼盾に蹂躙された会議室が陥落。闇武器涙目の会滅亡。

南瓜を多くかかえたくるぶしではなく南瓜0の闇武器涙目の会を攻めた、だっふんだ総帥代行の心臓氏の決断は理解しがたいという声も多かった。この後、くるぶしとだっふんだの膠着状況は続き、大戦が始まるのであった。


世界大戦

勝ち残ると予想された国はくるぶしとだっふんだである。2大国に続く国民数を持つ国家は、ほさか、ポケットの中の世界大戦。

14時になり開戦。
くるぶし、だっふんだが次々と小国を落としていく中、74回目の誕生日♪の(`・ω・´)が、小国のハンデをものともせず、3つの要塞を落としたのが印象的であった。

時間がたち、国民数の多い4国が残る。
この状況で勝敗を左右するのが亡国からの人の流れである。
ほさかの総帥は過去、世界大戦で2度の統一を成し遂げたソリア氏である。
ほさかへ人が集中するのを警戒したのだろうか、くるぶしの矛先はほさかに向けられる。
一方、だっふんだは、くるぶしのほさか攻めを察知し、ほさかが滅亡したらくるぶしに攻撃開始という指示が出ていた。

ほさかがくるぶしにより滅びると、だっふんだによるくるぶし攻撃が始められた。
南瓜がくるぶしのほうが多かったからか、あるいは、くるぶしから攻撃を受けたからだろうか、ポケットはくるぶしを攻めた。
亡国からは残った3国に人が均等に流入していく。
くるぶしの要塞がNPになり、わずかだがLFがくるぶし要塞につきささる。
2度目にNPになったときには、要塞突撃の途中にLFが入り、突撃は失敗。
大戦は終了し、3国が残った。


年末

年末になり鯖全体のオン率が低下していく。
くるぶしとだっふんだの争いはタイマンで決着がつかない状況になっていく。
くるぶしはだっふんだの攻撃を防ぎながら、その合間に小国を攻め落とし南瓜を稼いでいった。
だっふんだは、総帥が浮舟氏、にちようび~氏と交代していった。

光竜の月22日、くるぶしつやつや病がグラウノルン/全ての人の魂の詩/虚飾のエデン/chkへ侵攻したが、くるぶし側の予想よりも戦況は厳しく、已む無く応戦がかかっていないグラウノルンを切り離し戦闘を続行。
しかし、切り離されずに残った3国が奮戦、くるぶしは苦しい戦いを続けていた。
この状況で、だっふんだがくるぶしに侵攻した。

光竜の月23日~ 12/29 ~〔00:43〕 だっふんだの侵攻により、その病気で何故咳を?が陥落。くるぶしつやつや病滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 ノブエロ 〉 War Trophies 神鳴明王剣




各国の総帥、国民の皆様、お疲れ様でした。
くるぶし、大戦のとき以外のだっふんだのことがよくわからないので、誰かそのあたりを補筆してくれるとありがたいです。

歴史書いてて思ったんですけど、俺の個人的な12月MVPは岩清水さんですね。
12月中に4国で総帥になり、大国との戦略に関わっていました。
今月の2鯖をもっとも盛り上げたのは岩清水さんではないでしょうか。

それと、くるぶし滅亡後の年末ほろ酔い探偵団、大迷惑などの動きは1月にまたがるので、12月の歴史にはいれませんでした。
1月の歴史でよろしくお願いします。
(はじめて戦史書いた人)

大幅加筆とちょい補筆。
(名無しさん)

長すぎるという意見がありました。
そこで、本文中でわかる歴史、あるいは、歴史でわかる本文は削り、勇者パーティーについての記述も縮小しました。
大幅加筆とちょい補筆してくれたかたには申し訳ありませんが、勇者パーティの話がおもしろそうであれば別のページに書くといいと思います。
1月分まとめて書くのはシンドイので、面白い題材があったらその部分だけでも書いてしまうのがよいかと。
(はじめて戦史書いた人)