Tactics Ogre de Endless Battle ver.にごたん @wiki 2鯖2008年3月戦史

メニュー
ウォーレンレポート


廃墟■ ←New!!


スレで聞く前に検索



累計  -
今日  -
昨日  -


取得中です。

2008年3月の歴史

おにぎりの中からにぎりが、ありえん(笑)

2鯖水竜大戦の覇者は、稲村ジェーン率いるDQ3の僧侶の日記であった。
大戦前建国によって出来た国でありながら、世界大戦では「南瓜は集まらずに国民は集まる」という流れに乗り、他国の目標にならずにオンを集めて最後まで残り、統一を果たした。
大戦終了時の南瓜数はたったの3個。その後も総帥の変態具合、いや、人柄に魅かれ、多くの国民がそのまま留まった。
一方、大戦後建国によって誕生した国では、鬼さん率いるおにぎりが活発な動きを見せる。
SG明け直後の水竜の月9日に3ヶ国攻め、翌日の水竜の月10日には2ヶ国攻めを果たし瞬く間に5個の南瓜を溜め込む。
この南瓜入りおにぎりを狙って、水竜の月11日 ~ちなみに現実世界では4年に一度しかない2月29日~、DQ3の僧侶の日記と(`・ω・´)率いるHD DVDがほぼ同時におにぎりに侵攻を開始。
おにぎりは2ヶ国からフルボッコにされ、あっさりと衝天した。そして

水竜の月11日~ 2/29 ~〔22:18〕 DQ3の僧侶の日記の侵攻により、おにぎりの具が陥落。おにぎり滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 ラルノーガ 〉 War Trophies にぎりがくさい剣

おにぎりの中にはなんとにぎりが、にぎりの中にはなんとおにぎりが、おにぎりのry
あまりにもキレイに決まったネタ歴史に、総帥:鬼さんも大満足だったそうな。めでたしめでたし。

滅び行くメディアの反抗

おにぎりがにぎりと化した翌日、おにぎりがにぎりと化した原因を作った二国が激突する。
水竜の月12日、DQ3の僧侶の日記が中堅国トキワの森に侵攻したのを見て、HD DVDがDQ3の僧侶の日記へ戦略を発動。
DQ3は2国からはさみうちにされる危機に陥るも、手際良くトキワの森を滅亡させてHD DVDへ応戦、この日は決着がつかなかった。
しかし水竜の月13日、HD DVDはこの日はオフ狩り→戦略発動という正攻法でDQ3の僧侶の日記に攻め込む。

水竜の月13日~ 3/2 ~〔21:40〕 HD DVDの侵攻により、トロフィーが出ただと? ありえん(笑)が陥落。DQ3の僧侶の日記滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 がんにょむ 〉 Bonus Money 402943 goth

HD DVDはDQ3の僧侶の日記をまさかの瞬殺、こうして2鯖最強となったHD DVDは、そのオン率の高さを武器に積極的な戦略を行い、順調に南瓜を蓄えていった。
ところが、ここで一つの事件が起こる。
水竜の月17日、HD DVDはハイ・ラガード公国、天使、シムシ茶への3国攻めを発動、天使、シムシ茶を滅亡させることはできたものの、
ハイ・ラガード公国へは攻めきれず、この日は停戦を結んだ。
しかし、深夜になり戦略時間が切れ再戦略が可能になった直後、HD DVDはハイ・ラガード公国へ再侵攻を開始。この深夜再戦略でハイ・ラガード公国は陥落。
このHD DVDの一連の動きを、元ハイ・ラガード公国国民の浮舟が2鯖の伝言板で批判。2鯖に緊張が走った。
その後、(`・ω・´)と浮舟の持論がBBS1に場所を移して展開される。その内容についてはここを参照されたし。
そしてVIPスレでも、(`・ω・´)とHD DVD、あるいは浮舟の行動について賛否両論入り乱れ、多数の意見が出され、活発な議論が交わされたが、ここでは割愛させて頂く。
ただ、この事件を契機に各プレイヤーがそれぞれTOEBのあり方について改めて考えを得たという事実は、何かしら意味があったのではないだろうか。

お姫様と銀様の百合百合な展開

閑話休題。
水竜の月18日、HD DVDは2鯖第二勢力となっていたお姫様おんぶ(総帥:BAL)へ侵攻を開始。
しかしお姫様の貞操帯は思いのほか厚く、HD DVDは侵攻を断念、お姫様は他国の援護も無しに見事自らの力だけで持ちこたえてみせた。
そして翌日、今度はお姫様おんぶと活発な中堅国熱き血潮ランジェリーボルケイノがほぼ同時にHD DVDへ侵攻を始める(合同か偶然かは不明)。
さらに逆立ちまーめいどが便乗。
昨日お姫様おんぶ1国と互角だったHD DVDは、さらに+2国の侵攻に当然苦戦し、窮地に追い込まれる。

水竜の月19日~ 3/8 ~〔23:38〕 お姫様おんぶの侵攻により、これからはやっぱβの時代だ!が陥落。HD DVD滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 あびげいる 〉 Bonus Money 510414 goth

こうしてHD DVDが倒れ、2鯖最強の位置に躍り出たお姫様おんぶだったが、それは今度は自らが他の国から追われる立場となる事を意味していた。
まもなくラルノーガ率いるジャンク、クレス率いるタンデムミラーエンジンが台頭してくる。
特に好戦的で活発なメンバーが多く集まったジャンクは、お姫様おんぶを意識した動きを見せ、二国は2008年3月2鯖で最も激しい戦いを繰り広げる。
このジャンクVSお姫様の死闘は連続して5日間にも及び、その戦況も日ごとに優劣が変化するという、2鯖の川中島の決戦と呼ぶにふさわしい戦いであった。
1日目、水竜の月23日、ジャンクはお姫様のオフ狩りを行うが、その肉壁の厚さの前に甚大な被害を出し、やむなく中止。戦略を発動することすら出来なかった。
2日目、水竜の月24日、この日はなんとかお姫様のオフを狩りきる事に成功し戦略を発動、ジャンクはお姫様をNPに追い込みLFを数発打ち込むも、お姫様が盛り返し、停戦。
3日目、影竜の月1日、ジャンクがオフ狩り→発動→NP→要塞突撃を敢行するも失敗、逆にお姫様の反撃に遭い要塞が露出、LFを数発受ける。
4日目、影竜の月2日、これまでと一転、この日はお姫様の方からジャンクに仕掛けるが、お姫様の開幕要塞突撃をジャンクが凌ぎ、形勢逆転。
お姫様の要塞は暴かれ、雨あられの如くLFが叩き込まれた。奇しくも一日前と攻守が逆転した以外は同じ光景が繰り返されたのである。
5日目、影竜の月3日、この日はジャンクから侵攻、開幕要塞突撃は失敗するも、流れを切らさずに優勢を保ち続け、二度目の要塞突撃で

影竜の月3日~ 3/16 ~〔23:39〕 ジャンクの侵攻により、あの日、背中で見た夢が陥落。お姫様おんぶ滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 ぽぞ 〉 War Trophies 風裂天破斬

なお、ジャンクの二度目の要塞突撃の際、お姫様おんぶ側は要塞回復を行おうとしたその時、運悪くブラウザが固まってしまったという。
両国ともに力は拮抗していただけに、明暗を分けたのはまさに「運」であったのかも知れない。

世界大戦

お姫様おんぶが滅んだことでジャンク、タンデムの二強時代となり、世界大戦まで残り一週間を切るも、ここから両国は激突せず。
両国とも、格下を相手に南瓜を蓄えながら、その日が来るのを備えた。
なお、タンデムの総帥クレスは世界大戦に参戦不可という事で大戦前日に自ら総帥を降り、代わって鬼さんがその座に就いた。
ちなみに鬼さんとラルノーガといえば、冒頭に記したとおり、かたやおにぎりの総帥、かたやそれを滅ぼしにぎった本人である。
何か因縁を感じるのは筆者だけであろうか。
いざ開戦。大戦前建国で出来た弱小国を、やはり2大国が次々と落として行き、開始36分で2国のみが残った。ここまでは予定調和とすら言える展開。
しかし時間が経つ毎に、大戦前日まではややジャンクに有利だった流れが、段々タンデムに傾き始める。
すでに両国とも大南瓜を実らせていたが、ジャンクの南瓜の方がより大きく実っていた事、大戦前夜にジャンクが行った夜襲で、一部のプレイヤーからの恨みを買っていた事が原因と思われる。
そして、ついにジャンクの要塞が顔をのぞかせ、LFが撃ち込まれるも、大戦中に決着は付かなかった。
やや寂しめの大戦後建国が行われたが、多くの人間は2大国から離れず、その結末を見届けてから動こうとしていたプレイヤーが多かった。

夜になり、タンデムがジャンクに侵攻を開始、大戦時からの勢いをそのまま維持し、優位に戦略を進める。
途中、大戦後建国によって出来たヨーデルがジャンク攻めに便乗する場面もあったが

影竜の月10日~ 3/23 ~〔22:45〕 タンデムミラーエンジンの侵攻により、空蝉ノ影が陥落。ジャンク滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 心臓 〉 Bonus Money 2680153 goth

貯め込んだ20個のカボチャミスティカは、トロフィーではなく、莫大な金となり、銀様はnのフィールドに消えていったのであった……。

そして○○へ……!?

ジャンクを滅ぼし、事実上2鯖を統一したタンデムミラーエンジン。
しかし、この瞬間から崩壊の序曲ははじまっていた。
影竜の月11日、先日の夜のジャンク・タンデム戦に横槍を入れたヨーデルに、ミナミの帝王が侵攻開始。
これはミナミの帝王の一方的な勝利に終わったが、40時間以上残していた自らのSGも切らしてしまう。
すなわちこの戦略発動は、明日タンデムからの侵攻を受ける可能性が極めて高くなってしまうという、諸刃の剣だった。
そしてその懸念は的中。影竜の月12日、タンデムはこの時点で唯一SGの切れている国、ミナミの帝王に戦略を発動。
ジャンク陥落後から国民が流出したとはいえ、いまだにタンデムの国民は70人以上。対するミナミの帝王は20人程度。
加えて、当時のミナミの帝王はそれほど盛んなオン国民が集まっているわけでもなかった。
誰もが瞬殺(発動までには17分かかるが)だと思った戦略だったが、なんとミナミの帝王は単独でこれを凌ぎ切った。
この時点でタンデムの運命は決まっていたのかも知れない。
影竜の月13日、昨夜侵攻を受けたミナミの帝王に加え、大戦直後に建国されすでにSGの切れた夜州、春霞、みみずもタンデムに侵攻開始、
さすがに4ヶ国に攻められては、タンデムの肉壁も耐え切れず、かろうじて戦略返しで時間を稼ぐが、そこまでが精一杯の抵抗であった。

影竜の月13日~ 3/26 ~〔23:16〕 夜州の侵攻により、こんなボケは滅べば良い。が陥落。タンデムミラーエンジン滅亡。
〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 〉 MVP 〈 ぺー姉さん 〉 War Trophies 破魔の盾

余談ではあるが、ヨーデルの総帥サウルは元タンデム国民、
ヨーデルの要塞名は「ジャンクを滅ぼしたんだ!悔いはない!」となっており、
翌日のタンデムのミナミ攻めの戦略名は「とりあえずヨーデルの敵討ちじゃ」、
一方ミナミの帝王総帥スウィートは元ジャンク民で戦略時には隊長に就いたりする事が多く、
ミナミがタンデムに攻められた時は元ジャンクの総帥ラルノーガが援軍として駆けつけている。
このあたりは当時タンデムとその分家VS元ジャンク残党といった構図が根強く残っていたのが垣間見える。
しかし、ジャンク、タンデム両大国はすでに無く、ここから新しい国たちによって歴史が作られていく。
そして、その主役となったのはミナミの帝王だった。
弱小国を相手に、先月のおにぎり以上のペースで南瓜を貯めていた橙色の空(総帥:ダークネス)がデカ南瓜を実らせる前に収穫、利息としてアビスを回収し、
さらに夜州との2鯖頂上決戦を制し、最も勢いのある国として2鯖を引っ張っていく。
こうしてミナミの帝王が一人頑張りながらも、心無しか鯖全体のオン人数が減っていく中、新年度、そしてエイプリルフール、4月1日を迎える。

その日、「さーて、今日も元気にTOEBやるかー」と何の気なしにTOEBトップページへジャンプしたTOEBプレイヤーは、ありえない光景を目にするのだった………………




1月に続いて書いた駄文書きです。
書いていて、やはり「HD DVD再侵攻事件」のくだりで悩みました。
この件について、最初は私見とか色々書くつもりだったのですが、自分の文章力ではうまくまとまりそうにない、
(`・ω・´)氏、浮舟氏双方の主張を誤って伝えてしまったりしそうなので
最小限の記述だけにとどめる事にしました。
その他、また何か誤りや指摘がありましたら、報告よろしくお願いします。
(駄文書き)

ちなみにタンデムとヨーデルは別茶でつながってました
(某氏)

S氏把握。ていうか特定したww
(駄文書き)