メニュー2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新履歴

取得中です。


大舞工業株式会社 倒産の負債額 約105億円 内訳の多く(約45億円)は、金融機関(京都北都信用金庫)が被っている。その他については、利害関係者等

京都新聞等の掲載によると、以下のような記事が見受けられた。
大舞工業、破産手続き. 舞鶴市に報告 再生計画認められず. 民事再生手続きによる再建を目指していた京都府舞鶴市市場の建設会社大舞工業(大谷龍作社長、資本金8000万円)は4日、債権者集会で再生計画案が認められなかったため破産手続きに入ることを同市に伝えた。

再生計画においては、「10年間で債権の6%を分割弁済する」というものを出していたようであるが、金融機関の了承を得ることは、できなかった。


関連会社を使って脱税をしていた事がある。
関連会社から各取締役、各部長にキックバックを行っていた。
暴力団への資金提供をしているとの噂があった。
菅坂峠の工事では、土砂の中に廃棄物を入れて処理していた。
社員が借入金を持ち出したままである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。