さっちゃん主催カジノゲーム うるふ☆いんぱくと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ルル「ふっふっふ、ルルティアのカジノルームへようこそ」
メル「師匠、ここは新開拓本部です」
リンドン「こほん」
ルル「細かい事は気にするな」
リンドン(私はスルーか!? 一応ここの主なんだが)

ルル「では妾が主催するカジノゲームうるふ☆いんぱくとについて説明しよう」
メル「ちなみに、タイトルのいんぱくとはご存知トレジャーインパクトから。うるふとはこのゲームが人狼的要素を用いている事を意味します」
ルル「では、背後がリアル8kを投入して入手した豪華賞品を提示しよう」
メル「こーゆーのやると運営が付け上がるから絶対にやらないという宣言は一体何処に消えたのでしょうか?」

<1.豪華賞品>
-低額賞品-
・プレ(スカウトカツラ)
・ボリュームパーム(マスケカツラ)
・ブラックスミスキャップ(黒)
・ブラックスミスキャップ(緑)
・ホークアイ(レスキューナイツのヘルメット)
・スナイパーハット(グレイスの帽子)

-高額商品-
・グリムレイス(100長剣)
・エリートジャストコプル(68エリート礼服)
・エリートスタティッドレザー(68エリート皮鎧)
・鍵六本セット

ルル「と、こんな感じである」
メル「低額賞品が明らかに在庫処分なんですが」
ルル「気のせいである。低額賞品は本番前の練習も兼ねているのでな」

<2.参加資格>
たんぽぽ旅団党員である事
・最低でも10Mは所持している事(高額商品希望の場合)

ルル「この二つじゃ。なお、見学は自由である」

<3.ルール説明>
-基本ルール-
1.まず、ディーラー(以下DLと表記)がプレイヤー(以下PLと表記)に賞品を提示する。
2.PLは購入希望額を提示する。低額賞品の場合、最小単位は10kである。高額商品の最小単位は0.1Mとなる。なお、提示には感嘆符を用いる事。(例:!!10M)
3.DLが決めた値段を提示する事ができたら勝利。設定額を支払い、賞品はその人の物となる。
4.正解者がいなかった場合、DLはPL全員個別に囁きで提示額が高かったか安かったかを伝える
5.2に戻り、PLが希望額を提示する。最大5ラウンドまで行い正解者がいなかった場合はその商品は没収になる。

!特筆事項
・所持していない金額を提示し、勝利した場合は反則となる。この場合、その賞品は最初からやり直しとなる。
・勝利者が複数存在した場合、競売とする。

ルル「基本的にはこんな感じじゃ。用は値段当てゲームじゃな」
メル「基本的には、と言うことは基本ではないルールが存在するのですね」

-応用ルール-

・PLは囁きや全体チャットを用いて自分が得た情報(提示した金額が高かったか安かったか)を提示しても良い。ただし、必ずしも真実を語る必要はない
・DLはラウンド終了時に最小単位で?10(低額は10k、高額は1M。これ以外の額で変動する事はない)設定額を変更する。
 設定より高いPLが多かった場合設定額は安くなる。
 設定より安いPLが多かった場合設定額は高くなる。
・所持していない金額を提示しても、設定額に的中しなければ反則とはならない。

メル「つまり、情報交換こそがこのゲームのメインに当たる訳ですね」
ルル「そうなる。一人が得られる情報量で正解を出す事は難しい。だから、誰かと協力する必要があるが、意図的に嘘情報を流してライバルを出し抜く事も重要なのじゃ」
メル「まさしく、人狼の如くずる賢く、時に大胆に攻める必要があると」
ルル「実に、楽しそうではないか。なお、嘘を付かれたからといって怒ったりするのは絶対にいかん。これはあくまでもゲームじゃ。面白おかしく騙したり騙さたりしろ」

<4.開催日時>
12月8日(土) 22:00より リボルドウェ3ch開拓支援本部内リンドン前

ルル「つまり、ゲームの始まりの地である」
メル「?からの人は違いますが」
ルル「なお、最低でもPL4人居ない場合は次の機会を見て持ち越しとなるぞ」

<5.賞品の提供に関して>
・賞品をDLに提供する事で、ゲーム終了後設定額をもらう事ができる。設定額は囁きで伝えるかDLに任せるかを選べる。
・自分で提供した賞品に関しては当然ながら参加資格がない。それ以外の賞品へは自由に参加できる。

ルル「もっと盛り上がるように賞品を提供してくれると非常に助かるのじゃ」
メル「既に、100長剣以外要らないという意見が出ていますからね」
ルル「そういう事は黙っとけ」

ルル「説明は以上である。なお、ルールは現在暫定的なものであり変動する可能性がある事を了承してくれ」
メル「質問や要望は師匠の方までお願いします」
ルル「では、たくさんの参加をお待ちしているのじゃ~」


ルル「なお、このページ内に意図的に隠された情報は全て真実である。どう使うかは御主次第じゃ♪」

メル「やり方の汚さが非常に師匠らしくてよろしいかと」





































リンドン「私は最後まで放置か」

ルル「最後にこっそり秘密のヒントを。Ctel+Aを押すのじゃ♪」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|