※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:アラクノフォビア
依頼人:バーン・ヨルン


バーン・ヨルンと話す。


この神経質な男は足元をじっと見続けている。

「少しの時間があるか? 私には助けが必要だ、オレの家族のクリプトを
 片付けるのにな。
 あのスパイダーども!数百、いや数千匹いるかも知れぬ!
 あいつらは最近の雨降りのせいで、雨宿りをする場所を探してたんだが、
 もう出て行こうとしないんだ。オレはどうやらクモ恐怖症になってしまったみたいだ、
 あそこに降りていくなんて身震いして足がすくんじまう」


PC①「スパイダー。あの大きな人食いスパイダーじゃない。
     ゾンビ・スパイダーでもないし、あの炎を吹くメカニカル・スパイダーでもない。
     ただのスパイダーだ。ふぅむ」
⇒talk①へ

PC②「残念だが、私向けの仕事ではないようだ。
     他の誰かがきっと手伝ってくれるだろうよ」
⇒会話終了




talk①

「そうだ、スパイダーだ。こんなに怖いと感じるのはオレがガキだったころ以来だ。
 ヨルン・エステートはあんたがクリプトを探っている間、どちらかというと、
 フィネッセの類を使うことも望んでいるみたいだ。
 亡くなった親戚たちの前では、オレもあんたにできるだけ刀を振り回したり
 やたらめったとスペルを唱えてもらったりして欲しくないんだ」


PC「私がやろう」


クエスト『アラクノフォビア』を受ける。

会話終了

再度話す

「なんてこった。オレにはまだやつらの小さい足が急ぎ足に走る音が聞こえるよ!
 あんたはただこれに直面しないといけないってこと、それだけ...何?
 あぁ、びっくりした!いや、何でもない...ただ木の葉が風で飛ばされてっただけだ。
 なんだか目の調子があまりよくないらしい...」

会話終了




入口:ヨルン・ファミリー・クリプト
レベル:1
長さ:短い

【クエスト説明文-③-】
ここ数週間の豪雨がスパイダーの群れをヨルン・ファミリー・クリプトの中に追いやった。
哀れなバーンはクモを死ぬほど恐れていて、墓の中に入ることすらできなくなった。
彼が先祖の霊を弔うことができなくなってから久しく、
彼はこのことによりバチが当たるのではないかと心配している。
クリプトに進入し、クモの群れを一掃せよ!




ヨルン・ファミリー・クリプトに入る。

DM バーン・ヨルンは問題を抱えている。
     より正確に言うと、彼は100の八本足の問題を抱えている。


クエスト『アラクノフォビア』達成




【クエスト説明文-②-】}
ヨルンの元に戻り、クリプトに戻ることがもう安全であることを知らせる。




バーン・ヨルンと話す。

「やつらがいなくなったからには、今クリプトに戻ったほうが安全だと思う。
 ちょっとばかり後片付けをしないと、あと、お前の顔を見るにひょっとしたら
 いくつかの修繕も必要かもな。
 なんてこった、本当にお前がこれだけ集めたのか?」


PC「マスター・ヨルンよ、心配は無用です。
     例のスパイダーたちはこの天気でいなくなったはず、
     次の雨季までお目にかかることはないでしょうよ」


ヨルンはあなたをまばゆいばかりの微笑みで迎え入れる。

「勝利せし英雄よ! スパイダー討伐の士の帰還だ、ようこそ!
 おぉ、八本足の災いともついにおさらばだ!


クエスト『アラクノフォビア』完了




【クエスト説明文-概要-】

★ここのログがありません★



添付ファイル