※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:トゥ・ファインド・ウィットネス
            チャプター1『アークビショップ・ドライデン』
依頼人:フライア・レノウ


クエスト『フライア・ニース』完了後に話しかける。


「ドライデンの部屋はカタコンベの最上階にある。
 あいつに会ったら、口を開く前によく考えろ。
 恐るべき頭脳と、聞罪司祭の記憶力を持った奴だからな」


クエスト『トゥ・ファインド・ウィットネス』を受ける。

会話終了

再度話す

「早く行け。ドライデンにアンデッドと、それからあいつの娘のことを知らせるべきだ。
 あいつが彼女と何年も口をきいていないとしてもな」

会話終了





チャプター1:アークビショップ・ドライデン

コンタクト:アークビショップ・ドライデン

【クエスト説明文-①-】
マーケットプレースの下にあるカタコンベでアークビショップ・ドライデンと話をする。





カタコンベに入る。

シルバー・フレイム・アデプトと話す。


シルバー・フレイム・アデプトは数人いて、下のどれかのセリフを話す。

「シルバー・フレイムが私たちを皆助けてくれる。
 今は亡き最も神聖なるプリーストでさえも、死者を蘇らせる呪いから逃れることは
 できなかった」

「ドライデンのところで働いてるんだろう?とんでもないはめになったな」

「邪なる何かが起こっている。死者が徘徊し、サンクチュアリが立ち入り禁止になった。
 ドライデンが私たちに、教会の他の動きを邪魔しろと、命令する始末だ」


シルバー・フレイム・ガードと話す。


シルバー・フレイム・ガードは数人いて、下のどれかのセリフを話す。

「カタコンベは立ち入り禁止だ。ドライデンの命令だからな。
 ただし、お前は例外だと言っていたから入ってもいいぞ。
 さぞかし重要な用事があるんだろうな」

「できるだけ普段と変わりなく振るまえというドライデンの命令だ。
 カタコンベの外にある教会の者達にも、ここで起きてることは秘密だ」

「下で何か奇妙なことが起きてるって噂だ。
 黙ってろとのドライデンの命令だが、お前はドライデンの指示を受けてるから、
 もう知ってるだろうな」




ドライデン・チャンバーに入る。

DM ここが彼の力の核心だ。アークビショップ・ドライデンの権力は疑いようもない。

DM アークビショップ・ドライデンが話をしようと高座の上で待ち構えている。


アークビショップ・ドライデンと話す。


大司教が紙束を熱心に読み、しっかりとした自信に溢れた手で書き込みをしている。
こちらをちらっと見て眉をあげる大司教。


PC①「猊下?」
⇒talk①へ

PC②「手を煩わせてすまなかった。じゃあ」
⇒会話終了




talk①

「私とはなかなか会えぬものだぞ、坊や」

ドライデンの声は太く、奇妙な清涼感がある。

「分刻みのスケジュールで動いておる。お主の問題も急を要するんだろうな」


PC①「その通りだ。
     サンクチュアリがアンデッドに侵略されて、収容者が皆、殺されてしまった」
⇒talk②へ

PC②「あなたの娘からの伝言だ。下に降りて行ったと」
⇒talk③へ




talk②

アークビショップが長い沈黙の後、口を開く。

「それでは、私の娘は…」


PC「まだ生きてるかもしれない。下に下りて行くという彼女の置手紙があった」
⇒talk④へ




talk③

「下に降りて行く…」

ドライデンは一瞬取り乱すが、すぐに平静に戻る。

「だが、娘はサンクチュアリに監禁されているはずだ。なぜ抜け出せたのか?」


PC「サンクチュアリがアンデッドに侵略された。中にいた者全員が殺された」


「お主の目で見たというのか?」

大司教が突き刺すような目で見る。

原因は何だ?そのアンデッドたちは一体どこから出てきた?」


PC①「分からない」
⇒talk⑤へ

PC②「下の墓所を破って出てきたんだろう」
⇒talk⑥へ




talk④

「下に降りて行く…」

ドライデンは一瞬取り乱すが、すぐに平静に戻る。

「いや、できる限りのことをするべきだ。
 だがマルガリータを探すにはもっと情報がいる」


PC「サンクチュアリに戻って欲しいのか?」
⇒talk⑦へ




talk⑤

「では、目撃者を探さなければならないな。サンクチュアリーに戻れ。
 どんな大虐殺でも生き残る者はいる。何が起きたかを知ってるのは目撃した者だけだ」


PC①「じゃあ生存者を探せということか?それだけか?」
⇒talk⑨へ

PC②「どうして衛兵を送らないんだ?」
⇒talk⑧へ




talk⑥

「教会が墓所のアンデッドを野放しにしているというのか?
 このカタコンベは聖なる場所だ。清められている。
 それなのにどうして、アンデッドが突然出没したんだ?」


PC「まったく分からない」


「では、目撃者を探さなければならないな。サンクチュアリーに戻れ。
 どんな大虐殺でも生き残る者はいる。
 何が起きたかを知っているのは目撃した者だけだ」


PC①「じゃあ生存者を探せということか?それだけか?」
⇒talk⑨へ

PC②「どうして衛兵を送らないんだ?」
⇒talk⑧へ




talk⑦

「なかなか頭の回転が早いようだ」

ドライデンが笑う。

「そこで起きたことを知っているのは、それを目撃した者だけだ」


PC「じゃあ生存者を探せということか?それだけか?」
⇒talk⑨へ




talk⑧

「馬鹿なことを言うな。お主は強くて、明らかに有能に見える。
 ここの衛兵の馬鹿さ加減を知っておるだろう?私の娘の命もお主になら預けられる。
 金銭でも政治的力でも何でも使って、たっぷり礼はさせてもらう」


PC「じゃあ生存者を探せということか?それだけか?」
⇒talk⑨へ




talk⑨

「これでいいか?」
意訳 「それ以外に何かできることがあるか?」

ドライデンが身を乗り出す。

「まったく望みのない収容者達を集めたホール・オブ・ミロンをあたるのが一番の近道だ。
 生存者がいるとしたら、そこにいるはずだ。
 ホール・オブ・ミロンは鍵がかかってるが、
 警護者がサンクチュアリの北側の秘密の部屋に合鍵を保管してる。
 その鍵があれば中に入れるぞ」


クエスト『トゥ・ファインド・ウィットネス』チャプター1完了

会話終了

再度話す

ドライデンが眉をひそめる。

「まだここにいたのか?出発を遅らせれば、それだけ娘の命が危うくなる」





【クエスト説明文-②-】
修道士レナウの依頼でアークビショップ・ドライデンに事の次第を知らせた。
サンクチュアリーがアンデッドに占拠され、大司教自身の息女が
行方不明になっているのだと。
ドライデンの指示で、ただちにサンクチュアリーにとって返した。生存者を探すためだ...