※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





種類:クエスト
名前:デュアリティ - チャプター2『クリプト・オブ・ジェラード・ドライデン』


入口:ドライデン・ファミリー・トゥーム
レベル:3
長さ:長い

【クエスト説明文-①-】
ドライデンの一族が眠る墓所でジェラード・ドライデンの棺を見つけ、
失われた記述を探す。





ドライデン・ファミリー・トゥームに入る。

DM アンデッドのぞっとするような叫び声が霊廟に響き渡った。
     長い眠りから目覚めたドライデン一族が、殺戮に飢えているのだ。

DM サファイア・ゲートは閉じている。開く方法を見つけなければならない。

ドライデン・アンセスター
「略奪者には死あるのみだ!」

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「リーチにおける開祖、マーン・ドライデン」

DM 廊下からガタガタという音が聞こえてきた:サファイア・ゲートが開いた。

DM 中央の墓所から、石をギザギザの爪で引っかいているような音が聞こえる。

ドライデン・アンセスター
「ここはお前のような奴が来るところじゃない」

DM エメラルド・ゲートは閉じている。開く方法を見つけなければならない。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「崇高なる炎のプレレイト、ユガーレ・ドライデン」

DM 廊下からガタガタという音が聞こえてきた:エメラルド・ゲートが開いた。

ドライデン・アンセスター
「闇に埋もれろ!デュアリティが支配する!」

DM 引っかくような音は次第に大きくなり、強く打つ音に変わった。
     石棺の中に閉じ込められた何かが外へ出たがっているようだ。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「グレイクリフの女子修道院長にして教の宝物管理者、エミリアン・ドライデン」

DM トパーズ・ゲートは閉じている。開く方法を見つけなければならない。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「海に消えた小修道院長、イソールト・ドライデンを偲ぶ聖域」

DM 廊下からガタガタという音が聞こえてきた:トパーズ・ゲートが開いた。

DM ジェラードの墓から聞こえる打ち付けるような音はどんどん大きくなった。
     そして石に大きな亀裂が入ると同時に音は止んだ!

DM ジェラード・ドライデンの墓の門の上には、3つの日長石がはめ込まれている。
     墓の中の影が怪しげに動いた。

DM アメジスト・ゲートは閉じている。開く方法を見つけなければならない。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「衛兵の長にして聖なる炎の友、ケラス・ドライデン」

ドライデン・アンセスター
「お前の血はさぞかし甘いだろうな・・・」

DM 廊下からガタガタという音が聞こえてきた:アメジスト・ゲートが開いた。

DM ジェラードの墓からは、骨のポキポキいう音、歯でかじる音、
     そして気味の悪い笑い声が聞こえる。

DM 床の碑に刻まれた文字:「永遠なる光の剣、アンセルム・ドライデン」

DM ジェラードの墓の方からカチッという音が聞こえた。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「ビショップにして信仰の擁護者たるランベリック・ドライデン、ここに眠る」

DM ジェラードの墓の方からカチッという音が聞こえた。

DM 床の碑に刻まれた文字:
     「戦う聖職者の司令官にして高潔なる炎のパラディン、パスカール・ドライデン」

DM 錆びた鉄のきしむ音とともに、ジェラード・トゥームを取り囲む
     サンストーン・ゲートがゆっくりと開いた。

DM ジェラードが倒れたとたん、彼の石棺が大きく揺れて粉々に砕け散った!

ガスト・オブ・ジェラード・ドライデン
「この代償は払ってもらうぞ!」


ジェラード・サルコファガスを調べる。


「銘板に2つの様式化した絵が刻まれている。左は大きな火柱で、右は巨大な渦だ。
 その間に碑文がある」


PC [碑文を読む]


「我はシルバー・フレイムから力を得る。
 飢えることも、ディヴァラーの名において。
 生者と死者を支配する力を我に与えよ。
 信仰者の骨よ、我が糧となれ」


調査終了

クエスト『デュアリティ』チャプター2をアドバンス(1回目)





コンタクト:アークビショップ・ドライデン

【クエスト説明文-②-】
カタコンベにいるアークビショップ・ドライデンの元へ戻る。





ドライデン・チャンバーに入る。

DM アークビショップ・ドライデンが話をしようと高座の上で待ち構えている。


アークビショップ・ドライデンと話す。


「碑文を見たか?何と書いてあった?」


PC「生者と死者を支配する力を約束した」


「生者と死者・・・」

ドライデンがあごを擦る。

「ドレッド・オブ・ドルール!彼女がやったに違いない。
 マルガリータが死者を蘇らせ、命令しているんだ。
 いつも声が聞こえると言っていた・・・
 今考えてみれば、自分の秘密を教える、死んだ叔父の声だったのかもしれない。
 他に何かあるか?」


PC「最期に奇妙な一文がある、『信仰者の骨を我が糧をする。』」


「ああ、思い出した。
 何年も前に、叔父がローアー・カタコンベに忍び込んだことがあった。
 エメロ司教の墓の前で、骨を磨り潰して食べていたところを捕えられたんだ」


PC①「マルガリータも人間の遺体を探してるのかもしれない」
⇒talk①へ

PC②「死者を食べれば何かの力が与えられるのか?」
⇒talk②へ




talk①

「ああ。彼女はきっと、同じ信者たちの中でも最も強力な者達の遺体を探すだろう」


PC「だったら、私が下に降りて行って彼女を止めよう」
⇒talk③へ




talk②

「デュアリティの信者にとってはおそらくな。
 もしそれが本当ならば、私の娘はフェイスの最も強力な者達の遺体を探すだろう」


PC「だったら、私が下に降りて行って彼女を止めよう」
⇒talk③へ




talk③

「お主の勇敢さには敬服する。
  ローアー ロウアー・カセドラルの下の、カタコンベの一番奥に長老達の墓所がある」


PC「他に知っておくことはあるか?」


「ただ、アンデッドが既にカタコンベの一部にはびこっているそうだ。
 だとすれば、聖堂の祭壇を清めなければならない。
 そうしないと墓所に続く道が開かない」


PC「墓所の中にもいたらどうする?」


「そして、我が先祖達の墓を守るグリフ(絵文字)を再び起動させないといけない!
 ドライデン家の長老達が生き返ったら、ストーム・リーチ自体が危機にさらされる!
 もう質問は十分だろう。時間がない。行ってくれ!」


会話終了


クエスト『デュアリティ』完了


クエスト『パトリアーク・クリプト』へ続く・・・





【クエスト説明文-③-】
ジェラード・ドライデンの棺の中に、デュアリティとはすなわち
シルバー・フレイム信仰の悪用だとする碑文を見つけた。





【クエスト説明文-概要-】

謎の言葉「デュアリティ」の意味をついに突きとめた。
それはシルバー・フレイム信仰の悪用であり、ダーク・シックスの1人である
ディヴァラーの力を呼び出す術だった。
デュアリティは「生者のみならず死者をも支配する」力を約束するかわりに、
シルバー・フレイムの敬虔な信徒のなきがらを差し出すことを要求する。
カタコンベにアンデッドがはびこっているのは、マルガリータ・ドライデンが
この力を使って死者を蘇らせたからに違いない。
さて、後はどうやってマルガリータの愚行を止めるかだが...