※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:アークビショップ・ドーター
依頼人:アークビショップ・ドライデン


クエスト『パトリアーク・クリプト』完了後に話しかける。


クエスト『パトリアーク・クリプト』を受ける。

「既にお主が墓所を保護した為に、奴はひるんでいるはずだ。
 ただ、あれはいつも予想外のことをする。
 お主をだまそうとするかも知れぬから、気をつけることだ」

会話終了

再度話す

「ここの区域は私ができる限り守りぬくから、娘を早く殺してやってくれ。
 苦しまないようにしてやって欲しいところだが、とにかく、しくじらぬようにな」

会話終了





チャプター1:エンドゲーム

入口:イースタン・カタコンベ
レベル:3
長さ:短い

【クエスト説明文-①-】
打ち捨てられた東のカタコンベに足を運び、マルガリータ・ドライデンと対決する。





イースタン・カタコンベに入る前に、フライア・レノウと話す。


「どうした?何かあったのか?」


PC「アンデッドが中央カタコンベに押し入った。
   ドライデンからマルガリータをケリをつけろと頼まれた」


「哀れみをかけてやってくれ。マルガリータが邪悪になったなど信じられない・・・
 何かが背後に存在する。フレイムがあなたの行く手を照らしてくれるように・・・」


会話終了





イースタン・カタコンベに入る。

DM ついにマルガリータと直に対決すべき時がやって来た...

DM 血の凍る思いだ。目の前には、マルガリータ・ドライデンのレイスがいる。
     こっちを見ているが攻撃してこない。


マルガリータ・ドライデンと話す。


「だから何だ?」
意訳 「何の用だ?」

レイスが耳元で不快な声を上げる。
まるで耳元で話しかけられているかのごとく。

「お前は父に騙された愚か者だ」


PC「私は誰にも騙されてなんかいない」


「はははっ!」

マルガリータが頭を後ろにそらせて荒々しく笑う。

「あいつに裏切られたんだ!この薄のろ!そういう男よ。
 私を殺せば、アンデッドがあなたを殺すわ。だからあいつは墓所を開放したんだ」


PC①「あんたが開けたんじゃなかったのか?」
⇒talk①へ

PC②「嘘だ!自分の罪を父親になすりつけるな」
⇒talk②へ




talk①

「何も知らないのね!」

マルガリータの目が見開かれる。

「防御を弱められるのは大司教だけ!」


PC①「だが、アンデッドを支配してるのは誰だ。生と死の力をふるってな」
⇒talk③へ

PC②「あんたの父親がアンデッドを指揮してサンクチュアリと図書館を
    破壊させたとでもいうんだろ?」
⇒talk④へ




talk②

「まったく愚かなこと。あいつに咽を 掻き切られてもひざまずいて礼を言うんだろうな」


PC「アンデッドを支配してるのはお前だ!デュアリティの力をふるってな」
⇒talk③へ




talk③

「ああ!父の願い通りにな!
 『私は秘密の力を見つけたよ、マルガリータ。
  その力を紐解くのを手伝ってくれ、マルガリータ。
  父と娘でな・・・』
 そうやって私を利用した!私を破滅させた!」

マルガリータの頭の周りを青白い後光がパチパチと音を立てて取り囲み、
マントが目に見えない風で揺れる。マルガリータの目に炎が燃え立つ。


PC「デュアリティのことを言ってるのか?」
⇒talk⑤へ




talk④

「違う!私がやった。あいつを破滅させたかった。
 自分からこの力を求めたと思うのか?皆あいつのせいだ!
 『私は秘密の力を見つけたよ、マルガリータ。
  その力を紐解くのを手伝ってくれ、マルガリータ。
  父と娘でな・・・』
 そうやって私を利用した!私を破滅させた!」

マルガリータの周りを青白い後光がパチパチと音を立てて取り囲み、やがて消える。


PC「デュアリティのことを言ってるのか?」
⇒talk⑤




talk⑤

「彼は子供の頃から異教信仰のことを知ってた。
 だが、臆病で自分から探求できなかったんだ。
 出世のことだけを心配してる情け無いやつ。
 だが、狂った哀れなマルガリータのことなど誰が気にかける?」

と、突然マルガリータが笑い出す。

「今度は私をどう扱っていいか分からなくなった・・・だから殺そうってわけね」


PC①「死ななくてもいいだろう」
⇒talk⑥へ

PC②「仕返しがしたいんじゃないかと思ってな」
⇒talk⑦へ




talk⑥

声が優しくなる。

「もちろん私は死ぬのよ。ひどいことをしたから、当然の報いね・・・」


PC①「ここから出て、デュアリティを放棄し、二度と戻ってこないで」
⇒talk⑧へ

PC②「もっともだ。あなたのために何人の罪無き者が死んだと思う?
     あなたの罪は死をもってしか償えない」
⇒talk⑨へ



talk⑦

「ここに来たときは、父親を破滅させたいとだけ考えていた。
 ここをめちゃくちゃにすれば、教会も内部の腐敗に気が付く。
 彼がやったことが明るみに出れば・・・だけど、もう疲れたわ。
 もう憎むことに疲れた・・・もう終わりにしたいの」


PC①「ここから出て、デュアリティを放棄し、二度と戻ってくるな」
⇒talk⑧へ

PC②「あなたの憎悪を消すのは死だけだ。行くぞ!」
⇒talk⑨へ




talk⑧

「父がきっと探し出すわ。絶対にやめないし、諦めもしないでしょう。
 機械仕掛けのゴーレムみたいな男だもの。絶対に私のことを探し出すわ」


PC①「叔父のレノウのところへ行け。あなたの父親には私が話をつける」
⇒talk ⑪へ

PC②「殺されるまでは、ってこと」
⇒talk ⑩へ




talk⑨

マルガリータが不気味に笑う。

「なら私を倒してみて」


マルガリータと戦闘!!


マルガリータ・ドライデン
「死んで仲間に加われ!」

マルガリータ・ドライデン
「復讐を邪魔立てさせはしない!」

マルガリータ・ドライデン
「そんな!まだ復讐は果たされていない...」

DM 絶望の叫びを上げながら、マルガリータは煙のように消え失せた。
     階段の一番上の通路を塞いでいた魔法の障壁が消えた。


talk⑫へ




talk ⑩

「分かってない。父には権力がある。たとえ父が死んだとしても、
 私には行くところがないわ」


PC「レノウ叔父さんがいるじゃないか?」
⇒talk ⑪へ




talk ⑪

「レノウ叔父さん・・・生きてるの?父から死んだと聞いていた。手紙も来なくなって・・・」


PC「レノウは生きてる。あなたを助けてくれるだろう。
   カタコンベの入口の近くにいるぞ」


「私、死のうと思ってた。
 こんな罪を背負ってどうやって生きてゆけるか分からないが、やってみる。
 だが、お前はどうする?
 アンデッドは私には危害を与えないが、お前を殺そうとするだろう。
 それに父も・・・」


PC「彼には死んでもらう。絶対に」


マルガリータがうなずく。

「じゃあ、もうここに用はないわ。あなたももう行って。
 ただ、あなたがここに来るときに使った、カタコンベへの秘密の通路を開くには、
 この穴の最上部にある祭壇を清める必要があるわ」

マルガリータの姿が見えなくなり、上階をふさぐ光ったバリアも消える。


会話終了

talk⑫へ




talk⑫

DM 障壁に遮られて上れない。横のトンネルからは乾いた骨がカタカタいう音がする...

DM 3つ目の障壁が階段の一番上の通路を塞いでいる。
     生ける屍のうめき声が向かってきた。

DM また障壁だ。グールが金切り声を上げながらうろつき回っている。

DM あたりにはガストの悪臭が立ち込めていて息が詰まりそうだ。
     しかもまた新たな障壁にさえぎられた。

DM 大司教の部屋への最後の障壁が目の前にある。
     ここにいるアンデッドは数も多く、非常に飢えている。

DM 祭壇が聖なるエネルギーの激しい力によって砕け散ると、背後の壁が開いて
     秘密の通路が現れた。出口だろうか?


クエスト『アークビショップ・ドーター』チャプター1をアドバンス(1回目)





入口:ドライデン・チャンバー
レベル:4
長さ:短い

【クエスト説明文-②】
アークビショップ・ドライデンの元に戻り、娘がデュアリティに手を染めているという
事実を突きつける。





ドライデン・チャンバーに入る前に、フライア・レノウと話す。


「マルガリータはここにいた!生きている!」


PC「今は話せない。ドライデンの始末が終わったら戻ってくる」

会話終了





ドライデン・チャンバーに入る。

DM マルガリータが明かした忌まわしい真実をアークビショップ・ドライデンに
     突きつけねばならない。

DM アークビショップ・ドライデンは高座から冷ややかにこちらを見下ろしている。
     彼があざけっているのがここからでもわかる。


アークビショップ・ドライデンと話す。


ドライデンが小さな声で呟く。

「マルガリータはまだ死んではいない。まだ彼女の命を感じる」


PC①「デュアリティを求めたのは自分じゃなく、あなただと言っていた」
⇒talk⑬

PC②「そうだ、そしてあなたも私に嘘をついた」
⇒talk⑭




talk⑬

「マルガリータの言うことに耳を貸すなと言っただろう」


PC「マルガリータを利用してデュアリティを解放したんじゃないのか?
     マルガリータを実験台にしたというわけでは?」


「そんなことを言った覚えはないが、彼女の言う事に耳を貸すなとは忠告したはずだ」

ドライデンが立ち上がる。周囲が暗くなり、一瞬その目に赤い炎がたぎる。

「娘を私の手で殺さなければならなくなった・・・
 お主にも命令にそむいた罪をつぐなってもらうぞ」


PC①「私を殺したい気になったか」
⇒talk⑮へ

PC②「マルガリータはあなたの娘だぞ!
     それに、彼女を思うように利用する権利など、あなたにはない」
⇒talk⑯へ



talk⑭

「その通りだ」

大司教が立ち上がる。
周囲が暗くなり、一瞬その目に赤い炎がたぎる。

「アンデッドたちが私の手間を省いてくれると思っていたんだがな」


PC「じゃあ、マルガリータが言ってたことは本当だったのか」


「そうかも知れぬ。私が彼女を不当に扱ったと言っていたのか?その通りだ。
 昇進したいがために、自分をサンクチュアリに監禁した、とも?その通りだ。
 デュアリティの秘密を知るために自分を利用していた、と?そう、それもその通りだ。」


PC①「私を殺したい気になったか」
⇒talk⑮へ

PC②「マルガリータはあなたの娘なのに!」
⇒talk⑯へ




talk⑮

大司教が邪悪な笑みを浮かべる。

「お主、そして愚かなレノウ、死後には司教の大事な娘」

大司教が肩をすくめ、恐怖におびえた清らかな目で言う。

「いや、いかん、マルガリータだけはだめだ。絶対に・・・」

大司教が苦痛に喘いだ表情でうめき声を上げる。


PC「大司教、どうされましたか?」
⇒talk⑰へ




talk⑯

「ああ、祭壇に捧げればあの女の血がもっと甘くなるってもんだ・・・」

突然ドライデンが震え、目が苦痛に曇ってゆく。

「やめろ!娘には手を出すな!マルガリータにだけは手を出すな!」


PC「どうかしましたか、大司教?」
⇒talk⑰へ




talk⑰

ドライデンが苦悩に満ちた目で見る。

「私ではない・・・私の叔父のアルカシックだ。
 叔父の亡霊が私の体に取憑いていたんだ!
 デュアリティを求めるのは叔父だ・・・私じゃない!奴を止めてくれ・・・頼む・・・うぅっ!」


PC「どうやったら勝てるんだ?」


「私の体から奴を追い出す。命を落とすかもしれないが、マルガリータのためにも、
 それをしなければ」

ドライデンが目を閉じ、その顔が灰色に変わる。
また開いたその目は、再び赤く燃えたぎっている。

「愚か者め!お前の娘は金切り声を上げて死ぬんだ!苦しむ様子を見るがいい!
 待て!何をするつもりだ?何だ―止めろ、止めるんだぁぁっ・・・」


DM アークビショップ・ドライデンは意識を失って倒れた。
     その体からアルカシック・ドライデンのレイスが現れ、光る目をこちらに向けた...


アルカシック・ドライデンと戦闘!!


アルカシック・ドライデン
「デュアリティが勝つんだ!フレイムは堕ちていくんだ!」

アルカシック・ドライデン
「お前が死んだら 粉々になった骨を拾ってやるよ」

アルカシック・ドライデン
「助けてくれ!偉大なるマックリーよ、命だけは見逃してくれ!」


DM ディヴァウラーに魂を要求され、
     アルカシック・ドライデンは絶望の叫び声をあげた。


アルカシック・ドライデン
「お願いだ・・・待ってくれ・・・後悔してるんだから!やめろぉぉぉ・・・」


クエスト『アークビショップ・ドーター』チャプター1をアドバンス(2回目)





コンタクト:フレイア・レノウ

【クエスト説明文-③-】
修道士レナウに姪のたどった運命を知らせる。





フライア・レノウと話す。


「マルガリータはここにいた!生きてる!」


PC①「どこへ行った?」
⇒talk⑱へ

PC②「でも彼女の父親は・・・」
⇒talk⑲へ




talk⑱

「逃がした」

レノウがニヤッと笑う。

「あちこちに友達がいるからな。ここから遠く離れた場所に隠れてる。
 彼女はひどく弱ってるが、フレイムの加護があれば回復するかもしれない。
 新しい力をコントロールしてその誘惑に打ち勝つことを学んで欲しいよ」
⇒talk⑲へ




talk⑲

「大司教が手を打つだろう。アルカシックが死んだことで、きっと回復するはずだ。
 あなたは英雄だが、教会があなたの偉業を口にすることはないだろう。
 フレイムはこの秘密をなんとしても守ろうとするからな」


PC①「名声などどうでもいい。正しいことをやったまで」
⇒talk 23へ

PC②「何だと?もちろんだとも」
⇒talk ⑳へ




talk ⑳

「教会はここで何があったかを認めないだろう。
 ドライデンは今の職位にとどまるだろうが、上層部の信用を得るまで
 その権力は制限されるだろう。
 今回の出来事を誰かに喋っても、教会は否定するだけだぞ」


PC①「その方がいい。分かったよ」
⇒talk 21へ

PC②「そりゃあ、むちゃくちゃだ」
⇒talk 22へ




talk 21

「なんてこった。
 自分達が正義の道しるべだと説く教会が真実を隠すなんて、ばかげてる。
 だが、私は教会の長老じゃない。長老達には長老達なりの理由があるんだろう。
 私は、あなたがマルガリータを救ってくれただけで十分だ。
 どんなに礼をしても足りないさ」


PC「まだ理解できないことが幾つかある・・・」
⇒talk 23へ




talk 22

「ああそうだ。だが、私は教会の長老じゃない。
 長老達には長老達なりの理由があるんだろう。
 私は、あなたがマルガリータを救ってくれただけで十分だ。
 どんなに礼をしても足りないさ」


PC「まだ理解できないことが幾つかある・・・」
⇒talk 23へ




talk 23

「もちろんだ!マルガリータにすっかり聞いたよ」


PC「アルカシック / ・ドライデンは、デュアリティをどうしたかったんだ?」


「彼は、一族の名前が原因で昇進を逃がしたと思ってた。おそらくその通りだろう。
 合法的な手段を使い尽くした彼は、自分の血統を汚すきっかけとなった、
 まさにそのことを自分の甥にやらせた。自分が死んだ後までもな」


PC①「デュアリティだ」
⇒talk 24へ

PC②「だが、なぜマルガリータを実験台に?」
⇒talk 25へ




talk 24

「ああ、生者と死者を支配する力だ」


PC「だが、なぜマルガリータを実験台に?」
⇒talk 25へ




talk 25

「彼女はたやすく操れたし、カタコンベの中を気付かれずに動けた。
 狂った女の言うことなど、誰が本気にする?」

レノウが弱々しく笑う。

「だが、マルガリータはそれほどばかじゃなかった」


PC「自分が利用されていることに気付いたんだ」


「ああ、彼女はデュアリティを信じ込み、レイスとなり、父親を破滅させようとした。
 父親も操られてたとは考えもしなかった。彼女はもう手に負えなかった。
 だからアルカシックは、誰かに秘密裏に殺させようとしたんだ。
 幸いにも、あなたは奴の思い通りにはならなかった」


PC「じゃあ、なぜ私に追わせたんだ?ドライデンは教会の兵士を指揮してたんだろ?」


「教会の兵士にマルガリータの後を追わせれば、秘密がばれてしまう。
 だが、あなたのことは誰も知らなかった。
 彼女をあなたに殺させて、それからあなたを殺せば、誰も何が起きたか分からない」


PC「まあ、奴の計画も阻止できた」


「その通りだ。ありがとう―マルガリータの分も礼を言いたい。
 フレイムがあなたの行く手を照らしてくれるよう祈ってるよ」


会話終了


クエスト『アークビショップ・ドーター』完了


再度話す


「調子良さそうだな。また会えて嬉しいよ」


PC「マルガリータから便りはあったか?」


「ああ。ゆっくりだが回復してるよ。今は幸せで、安全だ・・・。
 あの不潔なサンクチュアリにいたときより、ずっといい暮らしをしてるよ」


会話終了





【クエスト説明文-概要-】

アークビショップ・ドライデンの窮地を救った。
叔父アルカシックの亡霊にとりつかれた大司教だったが、
なんとか自力で体の外に追い出させ、そこをすかさず退治した。
マルガリータはは父親に復讐することしか頭になかったようだ。
アルカシックの亡霊が退治されると、彼女はデュアリティの不浄な力を放棄し、
ストームリーチを逃れて見知らぬ土地に姿をくらました。
修道士レナウからは大いに讃えられたが、この手柄が喧伝されることはないだろう。
教会としてはできればこの一件を内密にしておきたいのだから...