※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





種類:クエスト
名前:アソールト・オン・スプリンタースカル - チャプター1『ファースト・ストライク』

依頼人:チーフ・ウンガルズ


入口:アウター・スプリンタースカル・フォートレス
レベル:3
長さ:普通


【クエスト説明文-①-】
スプリンタースカルの要塞に侵入し、
チーフ・ヤークシュに従うホブゴブリンを20匹倒す。





アウター・スプリンタースカル・フォートレスに入る。

DM チーフ・ウンガルズのために、スプリンタースカルの奥深く進攻する。
     血の代償によって、ダーグーンに平和がもたらされるだろう。

DM 角を曲がった向こうからうなり声が聞こえる。ホブゴブリンの住処は近いぞ!

ホブゴブリン・ガード
「シャーク!アジャトゥ・アルクット・シャーク!」

ホブゴブリン・ガード
「血を!スカルに血を!」

ホブゴブリン・ガード
「ただのかすり傷だ・・・」

ホブゴブリン・ガード
「うわあぁぁぁぁぁ!」

DM ここからでは落とし格子を開けることはできない。
     格子を動かすためのレバーが近くにあるはずだ。

ホブゴブリン・インフィルトレーター
「ダルグールに味方する奴らに死を!」

DM (リッスン)正面の落とし格子の方からカチッという音が聞こえた。

DM (リッスン)玄関からガタガタという音が聞こえた。落とし格子が開いたに違いない!

ホブゴブリン・スレイヤー
「ばらばらに引きちぎれ!」

DM ここの空気はひどい臭いだ。中に入るのは危険すぎるかもしれない。

ホブゴブリン・パトロール・リーダー
「いぃぃやぁぁぁぁ!」

DM この扉には錠がかけられているばかりでなく、
     反対側からかんぬきまでかけられているようだ。今は開けることができそうもない。

ホブゴブリン・ガード
「ばらばらに切り刻んでやる!」

ブレードマスター・チャッグ
「お前か!私の部隊を壊滅させているのは!」

ブレードマスター・チャッグ
「死ね、スライム!」

ブレードマスター・チャッグ
「ガァァァァ・・・」

DM 体から命が流れ出ていくにつれて、チャッグの横柄な冷笑も薄れていった。

DM スプリンタースカル・ホブゴブリンを20体倒した。ウンガルズが喜ぶだろう。


クエスト『アソールト・オン・スプリンタースカル』チャプター1をアドバンス





コンタクト:チーフ・ウンガルズ

【クエスト説明文-②-】
戻ってチーフ・ウンガルズに報告する。





チーフ・ウンガルズと話す。


「悪くない、全然悪くないな。
 もちろん、有能な戦士だったら、お前と同じ働きができただろうがな。
 だが、少なくともお前は弱虫じゃない。ヤークシュも、すごく怒っているだろう。
 私には奴が部下を失くして、めそめそ泣いているのが聞こえるようだぜ。
 ざまあみろ!」


PC①「他に仕事はないか?」
⇒talk①へ

PC②「戻って、もっと殺してもいいぜ」
⇒talk②へ




talk①

「ああ、確かにそうだ。奴の部下が、ダーグールの悪い評判を立てるために、
 ストームリーチの街頭から人々を誘拐しているという連絡が入った。
 人々を救い出してくれ・・・その人々がリーチに戻ってことの真相を話せば、
 コイン・ロードたちだって、それがダーグールのせいではなかったと分かるだろう」

ウンガルズはずる賢こそうに笑った。

「まあそれも今回に限ったことだがな・・・」


talk③へ




talk②

「それ以上のことをするんだ。
 ヤークシュと奴の手下が、ストームリーチの街頭から人々を誘拐していて、
 ダーグールがその責任を負わされているんだ。
 人々を助け出せ、そうすれば、私の仲間がやったことではないと皆に分かるだろう。
 そして、ついでに2、3のスカラーを、ひどい目に遭わせてやれ」


talk③へ




talk③

会話終了

クエスト『アソールト・オン・スプリンタースカル』チャプター1完了

再度話す


「一体ここに戻って、何をしてるんだ?
 別の仕事を頼む前に、私の与えた任務を終えてこい」


会話終了





【クエスト説明文-概要-】
チーフ・ウンガルズのたっての頼みを受け、彼の宿敵であるヤークシュに
先制攻撃をしかけた。
スプリンタースカルの要塞に侵入し、ヤークシュ配下のホブゴブリンを20人倒した。
要塞の守備隊を相手に緒戦を制した。













添付ファイル