※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:デプス・オブ・デスペア
依頼人:ネヴィル・ストームハンマー


ネヴィル・ストームハンマーと話す。


こちらがテーブルに近づくとネヴィル・ストームハンマーは眠そうに、こちらの方を見た。

「ハンマースミスの所になんの用事だ?(クラス)さんよ?」


PC 酒場はこの街で楽しみと冒険を見つけるのに最適な場所のように思える。


「なるほど、それは私が思いつくのと同様、まことに立派な理由だな。
 さて、なんの御用かな?」


PC「実は、何かあなたのために私ができることはないかなと思ってね」


「おお、冒険家か?まあ本当は自分でやろうと思っていたんだが、正直いうと、
 ここで飲んでるほうがいいんでね」


PC「どんな仕事だ?」


「この仕事をするのにふさわしいかどうかを決めるために、
 ネズミのしっぽを十本集めてきて欲しい」


PC「本気で言ってるとは思えないな!」


テーブルの全員が笑い始めた。

「ただの冗談だよ。しかし、なんだったら下水道の最初の階層で
 トログロダイトを見たという報告があったんだ。
 そこにいって奴らを始末して欲しい」


PC「トログロダイトだって?ずいぶん楽そうだな」


「普段はたいしたことないんだが、あそこには他にもいろいろいるんだ。
 だから注意した方がいいかもしれないな。仲間を誘っていけ。
 だが一番大事なのはスリスクをやっつけることだ。
 あのトログロダイト野郎はやっかいかもしれないぞ」


PC「たったそれだけか?スリスクを殺すだけか?」


「ああ、そんなところだ。お前の手に負えそうな仕事か?」


PC「そのようだな」


クエスト『デプス・オブ・デスペア』を受ける。


「トログロ野郎どもをとっちめたらここに戻ってきてくれ」


会話終了

再度話す


「本当にあのトログロダイトの連中を片付けられるのか?
 力が足りないのを認めるのは恥ずかしくはないぞ。ん?そんなこともないのか」


会話終了





チャプター1:デプス・オブ・デスペア

入口:デプス・オブ・デスペア
レベル:4
長さ:普通

【クエスト説明文-①-】
ネヴィル・ストームハンマーから、ハウス・デニスの地下に広がる下水道に入って
トログロダイトのスリスクを殺してほしいと頼まれた。





デプス・オブ・デスペアに入る。


DM デニスにある道の地下のどこかで、スリスクと呼ばれる爬虫類クリーチャーが
     巣を作っている。


スリスクを倒す。

クエスト『デプス・オブ・デスペア』をアドバンス





コンタクト:ネヴィル・ストームハンマー

【クエスト説明文-②-】
スリスクを見つけて息の根をとめた。
ネヴィル・ストームハンマーの元に戻り、賞金を受け取る。





ネヴィル・ストームハンマーと話す。


「はは!スリスクの手に余るということを思い知らせて来たってわけかい?
 これで奴も考え直すだろう。じゃあお前の成功に乾杯しなければならないな。
 一杯持ってきて一緒に飲もうじゃないか」


PC「所詮はトログロダイトだからな。わざわざ乾杯するほどのものでもないさ」


クエスト『デプス・オブ・デスペア』完了

会話終了

再度話す

「あの三人はいつまでたっても言い争うのを止めないんだ。
 まったく酒でも飲んでないとやってられないよ!」

会話終了





【クエスト説明文-概要-】
スリスクを殺してハンマースミス・インに戻ってみると、ネヴィルとその仲間たちは
相変わらず飲んだくれていた。
へべれけのネヴィルから、また何か頼むかもしれないから顔を出すようにと言われる。







添付ファイル