※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:ガード・デューティ
依頼人:ラーズ・リフリー


ラーズ・リフリーと話す。


リフリーは頭を下げ、歯をむき出しにして笑った。

「改めて礼を言わせてもらうよ。
 お前がルーグの悪党達をかなり痛い目にあわせてくれて以来、
 私の船は誰にも邪魔されることなく航行している。よくやってくれた。
 お前はいつまでも ラース ラーズ船長の友達だ!」


PC「このクエストを繰り返す」


上記の文は本来であればクエスト完了後に表示される文です。
ですが、何故か初めて話しかけた際にも表示されます。


「お前の人生の見せ場だな」


PC①「何か用か?」
⇒talk②へ

PC②「近寄るな!物乞いの話を聞いているひまはない」
⇒talk①へ




talk①

「ああ、なんていい日なんだ。
 多分、 ラース ラーズ船長にとってはいい日じゃないが・・・」


会話終了




talk②

男は歯をむき出しにして笑い、頭を下げた。

「名前は ラース ラーズ・リフリーという。
 仲間は皆、私のことを ラース ラーズ船長と呼ぶがね。
 本土との取引で儲けさせてもらってはいるが、最近、災難にみまわれているんだ」


PC①「その災難とやらに、名前があるのか?」
⇒talk③へ

PC②「それが私と何の関係があるんだ?」
⇒talk④へ




talk③

「わっはっは!なかなか明敏な頭脳を持っているようだ。間違いない。
 その災難は、ルーグって名の奴によってもたらされているんだ。
 ルーグ・ローグだ。奴らは私の船を奇襲することを趣味にしていやがるんだ」


PC①「お前の船を守って欲しいというのか?いいだろう」
⇒talk⑦へ

PC②「海賊どもめ!あんな人間のくずは、追い立てられて殺されればいいんだ!」
⇒talk⑥へ

PC③「私には関係ない。じゃあな」
⇒talk①へ




talk④

「これだけ、これだけだ。汚い海賊の一団が、地元の海を荒らしている。
 自分達のことをルーグ・ローグ団と呼んでいるんだ。
 私の船を奇襲することを趣味にしてやがるんだ」


PC①「お前の船を守って欲しいというのか?いいだろう」
⇒talk⑥へ

PC②「海賊どもめ!あんな人間のくずは、追い立てられて殺されればいいんだ!」
⇒talk⑤へ

PC③「私には関係ない。じゃあな」
⇒talk①へ




talk⑤

「ええと・・・あの・・・ああ。そんなところだ。そうか、次の船を護衛してくれるのか?
 もしルーグが攻撃してきたら、たくさんの海賊の息の根を止めてくれ!」


PC①「いいよ。お前の船を守ってやろう」
⇒talk⑥へ

PC②「船旅などしている時間はない。じゃあな」
⇒talk①へ




talk⑥

「やってくれるか?まれに見る度量だ。 ラース ラーズ船長はかなりの給料を払うぞ。
 さあ、船は潮の流れにのって出航する準備が整っている。


PC①「攻撃されると思うか?」
⇒talk⑧へ

PC②「まだ出られない。後で戻ってくるよ」
⇒talk⑦へ




talk⑦

「ああ、 ラース ラーズ船長は時間がある。だから奴は・・・」


会話終了




talk⑧

ラース ラーズは意地悪な笑みを浮かべた。

「多分、間違いない のか?


PC①「すぐに出かけられるぞ」
⇒talk⑨へ

PC②「まだ出られない。後で戻ってくるよ」
⇒talk⑦へ




talk⑨

クエスト『ガード・デューティ』を受ける。

アボード・ザ・『シー・ウィッチ』への移動画面へ





クエスト『ガード・デューティ』を受けている状態で話しかける。


「まだここにいたのか?私の船を護衛するためにもう出かけたと思っていたぞ・・・」


PC①「さあ、準備ができたぞ」
⇒アボード・ザ・『シー・ウィッチ』への移動画面へ

PC②「まだ出られない。後で戻ってくるよ」
⇒talk⑦へ





入口:アボード・ザ・『シー・ウィッチ』
レベル:5
長さ:短い

【クエスト説明文-①-】
ラーズ・リフリーの船と乗組員をルーグ一味から守る。





アボード・ザ・『シー・ウィッチ』に入る。

DM 豪著な商人の小型帆船から血に飢えた海賊の流線型の船まで、
     数多くの船がストームリーチを越えて海へと出て行く。

DM 突然起こった大きな衝突音と木が粉々になる音で目が覚めた。

DM 叫び声と戦闘を知らせる声が上の甲板から聞こえてくる。

DM セイラーが上の甲板へ出る扉に鍵とかんぬきをかけたのだ。
     鍵を見つけなければならない。

DM 隣の部屋から突然すさまじい音が聞こえ、その後に苦痛に満ちた叫び声が続き、
     そして静かになった。

DM 目の前に黒焦げになった二等航海士の亡骸が横たわっている。
     握られたままのその手の中に鍵があるのが見える。

DM 扉が勢いよく開くと、大砲の爆音はおさまり、
     上の甲板からものすごい叫び声が聞こえた。

DM 上の甲板に出た。
     別の船がタラップを下ろしながら隣に横付けしてきた。

DM パイレーツが船に乗り込んできた!ルーグズ・ローグの攻撃を受けている!

ホブゴブリン・スレイヤー
「奴らを殺してサメのえさにしてやる!」

コボルド・スローワー
「アイアイアイアイ!」

ホブゴブリン・ガード
「ミズンマストから奴らを吊るせ!」

ホブゴブリン・インフィルトレーター
「船乗りの耳1つを取ってくるごとに50ゴールドだ!」

コボルド・スローワー
「戦利品だ!戦利品と略奪品だ!」

ホブゴブリン・インフィルトレーター
「はううううう・・・」

ホブゴブリン・ガード
「気をつけろ!リフリーがこの桶を守らせるためにセルスワード達を雇ったぞ」

コボルド・スローワー
「おーい、お前ら!ルーグの男達がやってきた!」

ホブゴブリン・スレイヤー
「この船はもう私達のものだ!」

DM 重々しい動きのオーガがサイド・ハッチから現れた。ルーグが現れた。

ボス・ルーグ
「皆殺しにしろ!1人も生かしておくな!」

ボス・ルーグ
「お前ら、皆殺しにしてやる!今のは痛かったぞぉ!」

DM ルーグはドスンと巨大な音を響かせながら船の甲板に降り立った。

ボス・ルーグ
「復讐をしてくれ!ううぅ・・・」


クエスト『ガード・デューティ』をアドバンス





コンタクト:ラーズ・リフリー

【クエスト説明文-②-】
ラーズ・リフリーの元に戻り、報酬を要求する。





DM ドックの先端から船乗りがこちらに手招きしている。


ラーズ・リフリーと話す。


「はは!ルーグの奴、驚いているだろうな。ああ、いい気味だ。
 私の船を救ってくれてありがとう!
 お前はディヴァラーが乗り移ったかのように戦ったと、私のクルーが言っていた!」


PC①「激しい戦いだった。ルーグの海賊は、相手として不足のない奴らだった」
⇒talk⑩

PC②「最善を尽くしたつもりだ。クルーが無事でよかった」
⇒talk⑪

PC③「べつにお世辞などいらない。報酬の件はどうなっている?」
⇒talk⑫




talk⑩

「ああ!ディヴァラーが奴らの魂を食ってしまいますように!
 さあ、報酬を支払わないといけないな、間違いなくな。
 仕事が欲しければ、いつでも ラース ラーズ船長に聞きな。
 優秀な護衛はいつでも歓迎だ・・・」


PC「あなたの船旅がよいものとなりますように」
⇒talk⑬




talk⑪

「奴らほど嬉しくはないがな、賭けてもいいぞ。
 さあ、報酬を支払わないといけないな、間違いなくな。
 仕事が欲しければ、いつでも ラース ラーズ船長に聞きな。
 優秀な護衛はいつでも歓迎だ・・・」


PC「あなたの船旅がよいものとなりますように」
⇒talk⑬




talk⑫

「ここだ、ここだ!よくやってくれたな。
 もし仕事が必要になったら、いつでも有能な護衛は歓迎するぞ」


PC「あなたの船旅がよいものとなりますように」
⇒talk⑬




talk⑬

クエスト『ガード・デューティ』完了

会話終了

再度話す

リフリーは頭を下げ、歯をむき出しにして笑った。

「改めて礼を言わせてもらうよ。
 お前がルーグの悪党達をかなり痛い目にあわせてくれて以来、
 私の船は誰にも邪魔されることなく航行している。よくやってくれた。
 お前はいつまでも ラース ラーズ船長の友達だ!」


会話終了





【クエスト説明文-概要-】
スリー・バレル・コーヴを発ったラーズ・リフリーの船は無事ストームリーチに
たどり着くことができた。ルーグ一味を撃退することに成功したのだ。







添付ファイル