※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:ユーフォニア・ミッション
受けるNPC:ユーフォニア・テレス(in ルーク・ギャンビット
入り口:ユーフォニア・チャレンジ?
レベル:1(ソロ)
長さ:短い


【クエスト説明文-達成前-】
チャプター1:ユーフォニア・ミッション

あるテストに挑戦することになった!
コイン・ロードに使える魔道師、ユーフォニア・テレスが考案したもので、
ストームリーチを目指す冒険者が必要な技能を備えているかどうかを
判定できるという。
課題はルーク・ギャンビット・タバーンの地下室にある5つのウィザード・ストーンを
全て集めてくること。
成功したら貴重なヒーリング・エリクサーをくれるそうだ。




ユーフォニア・テレスに話しかける。


「やあ、冒険家さん!私はユーフォニア・テレス。
  冒険家でもあるし、契約ウィザードでもあるの。
  ストームリーチのコイン・ロード達に雇われていて、
  街にくる旅行者にチャレンジを与えています。
  まぁ、そんなに難しいことじゃないの―
  ちょっとした技能テストをして、
  ゼンドリックの危険に立ち向かう準備ができているか、確かめているだけ。
  やってみる?」


【選択肢】
PC「ひょっとしたら、ね。チャレンジというのは何か?」
⇒talk①へ

PC「いや、もっと大切な用事がある」
⇒talk②へ




talk①

「私の後ろの扉を通ったら、一連の部屋がある。
  そこではストームリーチで生き残るための基本を学べるわ。
  あなたへのチャレンジは、
  私がその部屋の中に隠した5つのウィザード・ストーンを回収すること。
  全て見つけたら、気前のいいコイン・ロードが提供してくれた
  ヒーリング・ポーションをご褒美にあげるわ。
  あなたが十分強いなら、もっといいアイテムがもらえるかもしれない・・・」


【選択肢】
PC「その挑戦を受けてたとう!」
⇒talk③へ

PC「とりあえず今のところは辞退しておこう」
⇒talk②へ




talk②


ユーフォニアは眉をひそめる。
「そう、急いでいるのね―
  けどそんな理由で無料のヒーリング・ポーションを手に入れなくてもいいの?
  生きるか死ぬかという時に、違いがはっきりするわよ!
  気が変わったら、教えてね」


会話終了




talk③


「チャレンジを受ける準備はいい?
  私の後ろにある扉を通り、私が隠したウィザード・ストーンを5つ探すこと。
  成功したら、ヒーリング・ポーションをあげましょう!」


クエスト『ユーフォニア・ミッション』を受ける。


DM : 扉をダブル・クリックして、ユーフォニア・チャレンジに入る。



クエストの入り口『ユーフォニア・チャレンジ』に入る

DM : ユーフォニア・チャレンジに下りていくと、
    正面にある閉ざされた扉と左にあるレバーが目に入った。

DM : 秘密の扉がスッと開いた。

DM : ほこりに様々な足跡がついているのに気付いた。
    人間とドワーフとウォーフォージドの重々しいブーツの跡に、
    ハーフリングとエルフの軽やかな足跡が絡み合っている。

DM : この木製のはしごは、多くの手の跡がついて磨かれたように光っている。

DM : 1つ目のウィザード・ストーンを見つけた!
    手に取ると、やわらかい温もりが手のひらに広がった。

DM : この部屋は木箱で一杯だ。ジャンプして乗り越えればきっと前に進めるだろう。

DM : この樽のまわりの床には鋭い木の破片が散らばっている。

DM : 木の破片に注意しながら、
    粉々になった樽の中から2つ目のウィザード・ストーンを取り出した。

DM : このホールの水は心術によってきらめいている。
    よく見ると、数え切れない何千という数の気泡が渦巻いているのに気付いた...

DM : 水浸しの通路をふさいでいた落とし格子が音を立てて開いた。

DM : 泳いだせいでまだ水を滴らせて震えながらも、
    3つ目のウィザード・ストーンを手に入れた。
    もう半分以上手に入れたぞ!

DM : 隣の部屋から引っかくような音が聞こえるー戦闘の準備を怠るな!

DM : 前方の部屋から、さらに急ぎ足で走るような音が聞こえる。
    武器をいつでも使えるように準備しておけ!

DM : 扉が勢いよく開くと、
    部屋の向こうから邪悪な姿のスパイダーが襲いかかってきた!

DM : コンジャード・スパイダーを倒した!
    南の扉の向かいにあるチェストから、カチッというかすかな音が聞こえた。

DM : 4つ目のウィザード・ストーンを手に入れた。残るはあと1つだ。

DM : 扉が勢いよく開き、2匹のコンジャード・スパイダーが襲いかかってきた!

DM : 荒い息をしながら、残りのコンジャード・スパイダーの命を絶った。

DM : 最後のウィザード・ストーンを見つけた!あとは石をユーフォニアに届けるだけだ。


ユーフォニア・テレスに話しかける。


「また会ったわね!ここで私と会って驚いた?
  私には私なりの移動方法があるの・・・」
ユーフォニアはウィンクした。
「とにかく、ウィザード・ストーンを全部見つけた?それを届けに行く準備はできたの?」


【選択肢】
PC「ああ、ここにある・・・」
⇒talk④へ

PC「まだだ」
⇒会話終了




talk④

ユーフォニアは喜んで宝石を受け取る。
「このチャレンジを真剣に受けてくれてありがとう。
ストームリーチでは危険に直面するだろうから、それに備えるのは大切よ。
約束の物の他に、特別な報酬も得たようね。
もちろん、ヒーリング・ポーションもあげるけど、もっといいものをもらったようね・・・」


PC「すごいな。報酬をくれ!」


1500EXP GET!!


「少しは強くなった?」
ユーフォニアはにたにた笑った。
「白状すると、私はどちらかというと魔導師に近いの。
ただで経験が得られるようあなたに呪文をかけてみた。
本物のモンスター相手に、もっと効果的に戦えるようにね」


PC「ありがとう!だが、どうやって経験が私を強くしてくれるんだ?」


「十分な経験値を得たら、レベルが上がる。
  レベルが上がると、色々な利点がある。
  新しい技が増え、もっと強力な属性が得られる。
  準備ができたら、クラスの教官と話してレベルを上げてもらうこと。
  だけど、私はレベルを1つ上げるほどの経験をあなたに与えなかった―
  私の力にも限界があるから!
  その代わりにアクション・ポイントを稼げたでしょ」


PC「アクション・ポイントで何ができるんだい?」


「アクション・ポイントは色々なものを強化するために使われる。
  将来ポイントをクラスの教官からもらう必要が生じます。
  だけど、アクション・ポイントで何がもらえるか、すぐに知りたいんでしょう。
  今私とトレーニングをする?その後私にまた話しかけて。
  そしたら一緒に酒場まで戻りましょう。そこであなたにポーションをあげる。
  それでクエストは終わりよ」


PC「いいよ。トレーニングを始めよう!」


強化の選択画面へ移行。強化決定後、再度ユーフォニア・テレスに話しかける。


「アクション・ポイントを増強するトレーニングは終わった?
  そうなら、喜んで一緒に酒場まで戻ってそこでまた話しましょう。
  そうしたら、あなたのクエストを完了させて、ヒーリング・ポーションをあげることが
  できるわ」


PC「トレーニングは終わった。酒場に戻ろう」
⇒ルーク・ギャンビットへ移動




【クエスト説明文-達成後-】
5つのウィザード・ストーンをすべて見つけ、ユーフォニア・ミッションを
クリアした。
ルーク・ギャンビット・タバーンのユーフォニアに約束の賞品を要求しよう!



ユーフォニア・テレスに話しかける。


ユーフォニアが輝くような笑顔を向けている。
「あなたには腕のいい冒険家になる素質があると思っていたわ。
  さあ、この酒場の外にあるトレーニングルームで、
  もっと高度なことを学ぶ準備があるわ。
  波止場近くの、カーブしている壁に沿っていけば、その部屋を見つけることができます。
  あなたへの最後のプレゼントはヒーリング・ポーションと・・・
  そうね、金貨もあげるわ。何ていうか、太っ腹な気分なのよね」


PC「本当に気前がいいですね。このコインはどこで使うんでしょうか?」


「波止場近くにいるフォー・フィンガード・サッドに会うのが一番いいかもしれない。
  彼と話をするためのクエストをあげる。
  セイラー・カラティンのところでチェックインしてストームリーチに向かう前に、
  忘れずにサッドに話しかけて!
  サッドはどこよりもいい値で武器を売っているわ。
  それらの武器は名のある者の作ってわけじゃないけど、今のあなたには十分でしょう」


PC「いろいろとありがとう、ユーフォニア」


クエスト『ユーフォニア・ミッション』を達成。
クエスト『バイ・ア・ニュー・ウェポン』を受ける。




クエスト『ユーフォニア・ミッション』を達成後に話しかける。


「ストームリーチの旅で、あなたが望む金や栄光を手に入れられますように!
  もしもっとトレーニングが必要なら、ルーク・ギャンビットの外の部屋を訪問して―
  そこで呪文の準備の仕方や鍵の開け方のような、
  もっと上級の技能を学ぶことができるわ。
  また、波止場にいる水夫のカラティンに話しかけると、
  まっすぐストームリーチに行くことができるの。
  私が知っている限りのことはあなたに教えたから、もうここにいる必要はないわね」




【クエスト説明文-完了-】
5つのウィザード・ストーンをすべて見つけ、ユーフォニアのミッションを
クリアした。
ユーフォニアは満足し、報酬としてヒーリング・ポーションをくれた。