※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




種類:NPC
名前:ブラザー・アウグストゥス
場所:ウェーヴクレスト・イン
関連のあるクエスト:オールド・サリー・グロッグ?


「シルバー・フレイム教会は、真の冒険家がストームリーチに来ることを歓迎する。
 悪がストームリーチやゼンドリックの荒地に蔓延している。
 フレイムの栄光のために、しなくてはならないことがたくさんある。
 ただし気をつけろよ。
 もしお前が悪の道を歩むなら、
 私の仲間はお前の存在をこの世から消し去ってしまうだろう」


PC「私を死から守る方法は他にないのですか?」


ブラザー・アウグストゥスは厳かにうなずく。

「シルバー・フレイムの信者は休みなく働き、死んだ冒険家達を復活させているんだ。
 不快な仕事だが、喜んで引き受けている。
 そうしないと ストーミーク ストームリーチは闇の敵に圧倒されてしまうだろう。
 お前も戦闘中に死んだら、ここで蘇生させて欲しいか?」


PC「はい、ここでの蘇生を望みます」


「よくわかった。蘇生を受ける必要が生じたら、うけたまわろう」


PC「ありがとう、兄弟よ」
⇒蘇生場所がウェーヴクレスト・インに変更される。




クエスト『オールド・サリー・グロッグ』チャプター1達成後に話しかける。

ブラザー・アウグストゥスは顔をしかめた。

「〇〇よ、呪いの魔術の臭いが雲の様にお前の周りを取り巻いている。
 お前はどんな忌まわしいものを私にもたらしたんだ?」


ウェーヴクレストの下で見つけたアーティファクトを、
ブラザー・アウグストゥスに見せよ。


ブラザー・アウグストゥスはアーティファクトを見て後ずさりし、小声でうめく。
その後、決心したかのように手を伸ばし、それを両手でしっかりと掴む。
男が一言発すると、その醜い物体は閃光の中に消え去る。


PC「今・・・何が起ったんだ?」


「ストームリーチに降りかかっていた脅威は取り除いた。
 あのアーティファクトはディヴァ ラーの祭壇で清められた。
 ディヴァ ラーは、海や嵐の破滅的な怒りを具現化することのできる暗黒の神だ。
 もし奴がストームリーチに触手を伸ばせば、災難が起こる。
 そうなる前にディヴァ ラーの祭壇を探し出し、破壊しなければならない!
 〇〇、お前は洞窟に戻って、この悪の根源を探り出すんだ!」


PC「何をしたらいいか言ってくれ」

DM ウェーヴクレスト地下の洞窟に戻り、悪の根源を探し出せ。

再度話す。

ブラザー・アウグストゥスは心配そうだ。

「もしお前がウェーヴクレストの下で起きている脅威に対処できないなら、
 教会の信者を招来するしかないな。
 だが教会の高い地位にいる奴らは正義に関しては厳しいんだ。
 悪を根付かしたという理由で、シグモンドを罰するかもしれない。
 それにウェーヴクレストも予防措置として燃やしてしまうだろう。
 そうならないことを願おう」

会話終了




クエスト『オールド・サリー・グロッグ』チャプター2達成後に話しかける。

「生きていたのか!フレイムの加護があったんだな!
 ウェーヴクレストの真下で振動を感じたんだ。
 ディヴァ ラーがお前を生贄に選んだのかと思ったよ。
 だが、ディヴァ ラーの祭壇は打ち砕かれ、それにお前はまだ生きてここにいる!
 シグモンドにお前の武勇伝を話してやれ」

会話終了




クエスト『オールド・サリー・グロッグ』完了後に話しかける。

「悪のたまり場を清めてくれたから、私の祝福を授けよう、〇〇。
 ディヴァラーや異教徒、そして神を冒涜する奴らにとって、
 シルバー・フレイム教会は天敵だ。
 誓って言う。
 私達はこの闇の地を浄化するんだ―
 お前のような英雄は私達にとって復讐の剣となってくれるだろう」


「私を死から守る方法は他にないのですか?」


ブラザー・アウグストゥスは厳かにうなずく。

「シルバー・フレイムの信者は休みなく働き、死んだ冒険家達を復活させているんだ。
 不快な仕事だが、喜んで引き受けている。
 そうしないと ストーミーク ストームリーチは闇の敵に圧倒されてしまうだろう。
 お前も戦闘中に死んだら、ここで蘇生させて欲しいか?」


PC「はい、ここでの蘇生を望みます」


「よくわかった。蘇生を受ける必要が生じたら、うけたまわろう」


PC「ありがとう、兄弟よ」
⇒蘇生場所がウェーヴクレスト・インに変更される。



添付ファイル