※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



種類:クエスト
名前:オールド・サリー・グロッグ - チャプター1『テーキング・ストック』
依頼人:タバーンキープ・シグモンド・バウアーソン
入口:ウェーヴクレスト・イン(ベースメント)
レベル:1(ソロ)
長さ:短い
基本XP:116XP(ソロ)


【クエスト説明文-達成前-】
オールド・サリー・グロッグの樽を持ち帰る。
他に何か怪しいところがないか、注意すること。
(これはソロ・クエストで、パーティの仲間を連れていくことはできない。)




タバーンキープ・シグモンド・バウアーソンと話す。

「ようこそ、お嬢さん!ここは ウェイヴクレスト ウェーヴクレスト・タバーン。
 ストームリーチ・ポート随一の店で唯一の飲み屋だ。で、お前は・・・?」


PC「私の名前は〇〇だ」


「〇〇、いいところで会った!
 オールド・サリーを一杯おごってやろうと思ったが、
 何か他に気にかかっていることがあるようだな。
 当ててみようか?ストームリーチに来たばかりなんだろう?
 仕事でも探しているのか?」


PC「実のところ、ちょっと助けがいるんだ」


「そりゃあいい!先週、酒場からバグベアーを追い出したとき、腰も痛めた。
 だから地下貯蔵室から何も持ってあがることができない。
 それに最後のオールド・サリー・グロッグの樽がもう少しで空になってしまう。
 樽を1つ持ってきてくれたら、たっぷり食事をおごるよ」


PC「公平な取引のようだな」


「地下貯蔵室への扉はバーの端にある。
 1人で行ってくれたらありがたい―
 集団がどしんどしんと地下室を歩き回る必要はないからな!
 それと、お前が手伝っている間、アイーダのネックレスに気を配ってくれないか?
 絶対に下で失くしたと言ってるんだ。
 それと壁の向こう側から変な音が聞こえるとも言っていた。
 奴は多分神経が高ぶってるんだろう。
 だが。何か怪しいものを見たら、知らせてくれ」


PC「何か目に付いたら、調べておくよ」
⇒クエスト『オールド・サリー・グロッグ?』を受ける。

会話終了

再度話す。

「オールド・サリー・グロッグの樽を取りに行くとき、貯蔵室を見回ってきてくれないか?
 何か地下室で悪いことが起っている気がするんだ」

会話終了




ウェーヴクレスト・イン(ベースメント)に入る。

DM シグモンドの散らかった地下貯蔵庫へ用心深く下りていった。

DM オールド・サリーの樽を持ち上げると、隠し扉が開いた!

DM このポータルの向こう側の空気は湿って塩分を含んでいる。
   聞こえるものといえば波の砕ける音だけだ。

DM 波の砕ける音に規則的ないびきの音が混じっているのに気付いた。
   近くで何かが眠っているようだ・・・

DM コボルドは始末した。守られていたチェストを調べて宝物を見つけ出す。

DM アーティファクトを手に取ると、吐き気がしてきた。
   このことをシグモンドに報告だ!

クエスト『オールド・サリー・グロッグ』チャプター1達成。




【クエスト説明文-チャプター1達成後-】
オールド・サリー・グロッグを見つけた...おまけに、コボルドまで!
オールド・サリー・グロッグの樽を持ち帰り、シグモンドに店の危機を知らせる。



タバーンキープ・シグモンド・バウアーソンと話す。

「〇〇か!酒を取ってくると言って長い間戻ってこなかったから、
 もう飲んじまったかと思って ぞ!何をしてたんだ?」


PC「シグモンド、お前の宿の真下に、秘密の洞窟がある。
   それに、私はコボルドに襲われたんだ!」


「何?洞窟のことは昔の話だ。
 かつて、スマグラーがウェーヴクレストに物品をこっそり持ち込むために使ったんだ。
 でも、何年も前に私が封鎖したよ!
 コボルドと戦ったのか?ここで何が起きてるんだ?」


PC「分からない。だがこのアーティファクトを見つけたんだ。
   これが何かわかるか?」


確かに―
  意訳  それは確か―
 ということは、もう私の手には負えないということだ。
 そのアーティファクトをブラザー・アウグストゥスに見せたほうがいい。
 シルバー・フレイム教会なら危険な魔術を扱う方法を知っている」


PC「じゃあ、他の仕事で雇ってくれるのか?」


ハッ!そうかも。
  意訳  ふーむ・・・そうだな・・・
 だがまず、ブラザー・アウグストゥスに聞いて、あのアーティファクトをどうにかしろ。
 カースト魔術の臭いがプンプンする。
 それに私の客の中には、そんな物に敏感な奴がいるからな!
 まあ、もしダルサミラがその気配を察したら、一ヶ月はここでは飲まないだろうな」


PC「わかった。ところで、オールド・サリー・グロッグの樽だ・・・」


「心から感謝する。これが約束した食べ物だ―うまいストームリーチハムだ。
 怪我をしたり疲れたりしたら、冒険を続ける前に腹ごしらえをするがいい」

チャプター1『テーキング・ストック』完了。

会話終了




【クエスト説明文-完了後-】
オールド・サリー・グロッグを見つけた・・・おまけにコボルドまで!
そのうえ、何かのアーティファクトまで見つかった。
持ち帰ってシグモンドに見せると、
ブラザー・アウグストゥスの意見を聞いてほしいという。