※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




種類:NPC
名前:ミストレス・アフラ
場所:リーキィ・ディンギー
関連のあるクエスト:ウォーク・ザ・ブッチャー・パス


ミストレス・アフラはものめずらしそうに見ている。

「ストームリーチで大金を得るチャンスを探しているの?
 私たちの街には成功への道はたくさんあるわ。破滅への道も同じくらいあるけど。
 自分の力以上の欲望に気をつけて!
 あなたを見ていると、少し前にブッチャー・パスに挑戦した若い剣士を思い出すわ・・・」


PC「ブッチャー・パス?どんな所なんだ?」


「ブッチャー・パスはストームリーチの下水道内にある悪の巣窟の中でも最悪のもの。
 衛兵は入り口をレンガで封じたり、トンネルを毒で汚染させたり、
 魔法の火で奴らを丸焦げにしようと試みたけど、どれも効果がなかった。
 そこを歩いた最後の刺客は結局戻ってこなかったわ。
 私の判断が正しければ、あなたも同じ運命になるでしょう」


PC「そうなんだ?ブッチャー・パスがどこにあるのか教えてくれ」


「ブッチャー・パスに通じる下水道のハッチが近くにある。
 だけど、そこはモンスターや害獣でごったがえしているわ!
 あなたのような人にはそこは危険すぎるわ!
 もう少し知恵を得て、武器の使い方もうまくなるまで待ってみたらどう
 それが私からのアドバイスよ・・・」

アフラの目が輝く。

クエスト『ウォーク・ザ・ブッチャー・パス』を受ける。

会話終了

再度話す。

「ブッチャー・パスは避けたほうが賢明よ。
 あなたのことを弱虫とか言う人の言葉に耳を貸さないで!
 自分の力不足を認識することも、あなたを切り刻んで犬のえさにしそうな敵を
 回避することも、臆病なことではないわ・・・」

会話終了




クエスト『ウォーク・ザ・ブッチャー・パス』達成後に話しかける。

アフラは尊敬の目で見つめている。

「本当にブッチャー・パスから生きて帰ってきたの?
 なんという勇気でしょう!なんという気高さでしょう!
 あなたにはむしろ、私がからかっても無視して、行動してくれることを願っていたわ。
 ただ、多くの勇敢な者達が戻ってこなかった。
 だけど、あなたは違う!
 あなたのことを私の日記に書くのが待ちきれないわ」


PC「私の身を案じてくれるとは・・・感動だ」

クエスト『ウォーク・ザ・ブッチャー・パス』完了。

会話終了




クエスト『ウォーク・ザ・ブッチャー・パス』完了後に話しかける。

「今日、ドラゴンを殺した?殺していない?
 港の下にはあまり太古の無視は這い回っていないだろうね。
 だけど、考えてみて。本当のドラゴンハントがどれだけエキサイティングかを!
 飛び散る血!殺戮!そしてヒロイズム!
 シティ・ガードが小さいのを2、3匹、
 スポーツとして下水道に放してくれればいいのに・・・」

会話終了



添付ファイル