※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




種類:NPC
名前:ガード・テンバー
場所:ウォーターワークス
関連するクエスト:ハーバーマスター・シール
             ロスト・シーカー?


衛兵は片手を挙げ挨拶し、痛みで顔をしかめながら横腹をさわった。

「私達の捜索に加わるよう、ハーバーマスター・ジンから言われて来たのか?
 そうだと願うよ。シティ・ガードはいないのと同じだし、この傷も回復していない。
 コボルドと奴らの汚いブレードを呪うぜ」


PC①「捜索?誰かいなくなったのか?」
⇒talk①へ

PC②「助けが要るのではないか?ひどい有様だな」
⇒talk②へ




talk①

「聞いてないのか?
 私のいとこのヴェンとアーロス・ アーケラン アル・ケラン、
 自称冒険家と財宝ハンターのことだ。奴らは本当に困った奴らなんだが、
 何か大きな獲物、真のパワーを持ったアーティファクトの手がかりをつかんだんだ。
 奴らは下水道のもっとも奥に勇んで入って行ったんだが、
 それ以来奴らを見た者はいない」


PC①「奴らがどこで消えたのか、誰も知らない?」
⇒talk③へ

PC②「シティ・ガードは、コボルドから自国の民を守ることもできないのか?」
⇒talk④へ

PC③「今は愚か者たちを追いかける時間がないんだ」
⇒talk⑤へ




talk②へ

「安静にしていろ、とクレリックは言っている。傷口に毒は入り込んでないしな。
 でも私の心は傷だらけだ、というのも私のいとこ、若さゆえに大ばか者達だが、
 下水道で行方不明になってるんだ。
 奴らは明らかに自分の力以上のクエストを追い求めていた。
 この憎たらしい怪我さえなければ、私も捜索にもう一度加わるのに!」


PC①「最後にいとこが目撃されたのはどこ?」
⇒talk③へ

PC②「シティ・ガードが捜索に出ることはできない?」
⇒talk④へ

PC③「いとこのことは残念だったな。でも今は捜索に参加することができないんだ」
⇒talk⑤へ




talk③

「奴らは、どんな馬鹿にでも分かる足跡を残していたんだ。
 そして、私もそれに従っていったら・・・ナッシュトゥース族の真っ只中に行き当たった。
 ナッシャーはそこらの兵士よりずっとよく訓練されている。
 私のいとこが対抗するには強すぎる・・・残念ながら私にだってそうだ」

男は テンバーは恐る恐るわき腹を触った。

「私が逃げる前に、あの小人共にナイフでわき腹を刺されたんだ。
 ヒーラーに見てもらっているが、今でも痛みを引きずっている」


PC①「いいだろう、助けてやるよ。ナッシュトゥース族の所へはどうやって行くんだ?」
⇒talk⑥へ

PC②「どうして衛兵に増援隊を送りこまないんだ?」
⇒talk④へ

PC③「悪いな、だが手助けはできそうもない」
⇒talk⑤へ




talk④

「卓越した戦士が階級順で並んで、護衛に加わると思うか?
 ほとんどが家族思いの奴らで、泥棒に怒鳴るだけで給料をもらっているんだ。
 タフな奴らは数人いるが、
 コイン・ロードたちはそんな奴らをストームリーチ・ハーバーには送りこまないだろう。
 だからハーバーマスター・ジンがゲートを閉めるように命令を出したんだ。
 私たちはお前のような冒険家の協力が必要なんだ。
 じゃないと、私のいとこがシチュー用にめったぎりにされるのを
 避けることはできないだろう。
 お願いだ、手遅れになる前に、ヴェンとアーロスを探してくれないか?」


PC①「いいだろう。どこに行けばナッシュトゥース族を見つけることができるんだ?」
⇒talk⑥へ

PC②「私はいやだ。関わりあいになりたくないんだ」
⇒talk⑤へ




talk⑤

ガード・テンバーは、落胆と悲しみで 歯ぎりしり 歯ぎしりした。

「頼む・・・奴らはまだほんの子供なんだ!
 アーロスなどはまだ衛兵に入れる年齢にも達していない。
 軽はずみだったかもしれないが、
 奴らはナッシュトゥース族のコボルドに食われるなんて、
 そんな扱いを受けるようなことは何もしていない」


PC①「わかったよ、説得がうまいな。ナッシュトゥース族の所に行く道を教えてくれ」
⇒talk⑥へ

PC②「嫌だと言っただろう。どこか他をあたるか、自分でやれよ」
⇒talk⑦へ




talk⑥

テンバーの困った顔が少し輝いた。

「これがその道だ。チーフ・イーチクを探し出して、尋問するんだ。
 奴は臆病だからな―一番に見つけ出せれば、奴に手こずることはないだろう。
 本当にありがとう。もしあの子達を無事に連れ帰ってくれたら、
 お前にリット・オブ・コメンデーションをやろう。
 それをハーバーマスター・ジンに見せれば、間違いなく報酬がもらえるだろう」


クエスト『ロスト・シーカー』を受ける。

会話終了




talk⑦

「呪いあれ!助けを必要としている人を断る奴らの上にもな!
 もう私の前から消えてくれ―
 誰か他の、コボルドを恐れない奴に助けを求めることにするよ!」

会話終了





クエスト『ロスト・シーカー』を受け、一度もアドバンスされていない時に話しかける。

「ウレオンみたいなあご鬚のお前、まだここで何をしてるんだ?
 いとこはもう絶望の淵にいるに違いないんだぞ!
 コボルドが奴らを生きたままローストにしてしまう前に、
 ナッシュトゥースの下水道に行って来い!」

会話終了





アーロス・アル・ケランを逃がした後に話しかける。

「ちょっと前に、アーロスが痛ましい体を引きずるようにして下水道から出てきた。
 あの子はいつも自分で収拾がつかないことをしてしまう。
 だが、お前が奴を救い出すことができて、本当によかった。
 だが・・・何かヴェンのことはわかったか?」」


PC①「アーロスは、ヴェンがどこに連れて行かれたか分かるらしい」
⇒talk⑧

PC②「トンネルワームの住処にはどうやって行くんだ?」
⇒talk⑨




talk⑧

「トンネルワーム族、だ。アーロスがそう言っていた。
 短刀に千枚通しか。運が悪いな!
 トンネルワームはナッシュトゥースよりずっとたちが悪い。
 奴らのボスのジィティック・・・あの男は間違いなく悪党だ。
 それにイーチクの時より、もっと大変な戦いになるぞ。
 奴がトンネルワームの刑務所に入る方法を知っている、賭けてもいい。
 鍵か、パスワードか、何かだ」


PC「奴の住処への道はどこにあるんだ?」
⇒talk⑨へ




talk⑨

「主要交差点に戻るまで、南に向かえ。それから、東側の道を取れ。
 一旦トンネルワームの縄張りに入ったら、
 ワームの新しいオーガ・エンフォーサーに気をつけろ。
 名前はクラングだ。
 クラングは有名な衛兵殺しだ―多分お前では対処できないだろう―
 お前のターゲットはボス・ジィティックだ。
 さあ急げ!アーロスが救出されたのをボス・ジィティックが知ったら、
 アーロスの兄の命が危なくなるぞ」


クエスト『ロスト・シーカー』チャプター1完了

会話終了





クエスト『ロスト・シーカー』チャプター1完了直後に話しかける。

「ぐずぐずしやがって、いい加減にしろよ。お前が一分でも時間を無駄にすれば、
 それだけヴェンを生きて見つけ出せる可能性が低くなるんだぞ。
 手遅れになる前に、トンネルワーム族の所に行け!」

会話終了





ヴェン・アル・ケラン・コープを発見後に話しかける。

「ああ、お前のその表情が私の心を凍らせる。
 ヴェンはどこだ?私のいとこは?」


PC①「残念だが、奴の遺体を発見した」
⇒talk⑩へ

PC②「奴らはヴェンを何日も前に殺していた。チャンスなんてなかった」
⇒talk⑪へ




talk⑩

テンバーは首を振り、まばたいて涙を払った。

「予想していた通りだった。
 私はいつも、奴がそんな死に方をするんじゃないかと恐れていた。
 奴は街の地下をうろうろして、決して戦うことをためらわなかった。
 だが、独りコボルドの刑務所で死ぬなんて・・・なにかとても無益だよな」


PC①「無益でもないかもしれないぞ。奴はメモを残している」
⇒talk⑬

PC②「少なくともアーロスが生きて帰ってきてくれてよかった」
⇒talk⑫




talk⑪

「死んだ?」

テンバーは驚いて凝視している。

「し・・・信じられない。奴はいつも怖いもの知らずで、
 噂や安ぴか物を追っては下水道に入っていた。
 だが・・・これでは割に合わない」

男は テンバーはうな垂れた。


PC①「奴のことは残念だったな。だが、聞いてくれ―奴はメモを残している」
⇒talk⑬へ

PC②「少なくともアーロスは生き延びた。ヴェンも喜んでいることだろう」
⇒talk⑫へ




talk⑫

「そうだ、だがお前がアーロスを早く救出してくれたから、望みも持っていたんだが・・・
 ああ。だが、その望みも絶たれた。
 もうこのことについて話して無駄だ。
 今となっては、ヴェンが一体あの下水道で何を捜していたのか、
 知ることができたらいいのに!」


PC「まだ少し望みはある。ヴェンは死ぬ前に、メモを残した」
⇒talk⑬へ




talk⑬

「メモ?何と書いてある?」


PC「『シール・オブ・シャン・ト・コー』とか書いてあった。
   意味は分からないんだがな」


「シール・オブ・シャン・ト・コー?前にその奇妙な名前を聞いたことがある・・・
 そうだ、あの変な到達者の小娘が言っていたんだ。
 あの女は同じレリックを探して、トンネルワームの領域をうろついていた」


PC「到達者?」


「ああ、到達者。奴らは自分達をそう呼んでいるんだ。
 向こう見ずな探検家の集まりにしては、気取った名前だが、
 奴らは何が金になるか良く知っている。
 もしやつらの1人がシール・オブ・シャン・ト・コーを追っているのだとしてら、
 それは重要なものに違いない!
 ウェイファインダー・デイル の所 に行って、お前が突き止めたことを話して見ろ―
 あの女はきっとストームリーチ・マーケットプレースの南東の角にある、
 スチーム・トンネルを調べているんだ」


クエスト『ロスト・シーカー』完了

会話終了





クエスト『ロスト・シーカー』完了後に話しかける。

「下水道では、ほろ苦い勝利だったな。きっと今晩は哀れなヴェンの悪夢を見るだろう。
 アーロスを助けてくれたから、 アーケラン アル・ケラン一家は永遠にお前に借りを作ったな。
 ヴェンが探していたシールを見つけてくれ。
 そうすれば、奴の死が無駄ではなかったと、私の悲しみは和らげられる」

会話終了



添付ファイル