※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DarkEden

DarkEdenとは、Eslaniaという中世東ヨーロッパの仮想国家を舞台にしたホラーファンタジーMMORPGです。
グラフィックは2D見下ろし視点で、要求スペックは低めです。

DarkEdenの世界にはスレイヤー(人間)、ヴァンパイア(吸血鬼)、Ousters(追放者)の3種族が存在し、
DarkEdenは対人戦が非常に充実したゲームであると言えると思います。
■このゲームは種族間対立のゲームであるので、攻撃されて殺されまくったから晒してやる!とかのLVでやるゲームではありません。
その様な方は、他のゲームに行くことをおすすめします。

ストーリー

2000年7月、ヴァンパイアの活動について数名の情報員から諜報が入手された。
報告によると、「エスルラニア」共和国の首都アドニア北部「ヘルレア」地方に全世界のヴァンパイアが集結し始めたというのだ。
今まで同時に集まったことのない十二人のクラン・マスターまでこの地方に集まり始めた。
そのため、クラン間の紛争が深まり、バチカンは新たな危機を直感することとなった。

ヴァンパイアとクラン間の戦争はエスルラニアの全地域へと拡大し、住民の被害は高まる一方だ。
危機を感じた政府は急いで政府軍を派遣したが、ヴァンパイアのパワーと数にはなすすべがなく、
多くの軍人がヴァンパイアの支配の下、血の奴隷にされてしまった。
結局、軍は被害を最小化させるため、住民の退避をまず優先させ、
エスルラニア全域に対する作戦権は極秘に対ヴァンパイア処理部隊であるE.V.Eへと渡された。

E.V.E派遣の第一の成果は、第1次対ヴァンパイア戦で、ヴァンパイアを生け捕りにできたことだ。
生け捕りにしたヴァンパイアからヴァンパイア達の集結やクラン戦争の目的が分かり、軍は大きなショックを受けた。
実体が知られていなかったヴァンパイアの経典「血の聖書」が具体的に言及されていたからだ。
バチカンへ召集された首脳部は既存の対ヴァンパイア戦争の任務に加え、「血の聖書」の発見と破壊の任務をE.V.Eに与えた。


種族


種族同士の関係



スレイヤー

ヴァンパイアによる人間の虐殺に対抗するべく、対ヴァンパイア組織を設立
Oustersとは、深い関係がありそうだが・・・

ヴァンパイア

血の聖典がある国の周辺に住む人間を虐殺、戦いに行った軍隊を血の奴隷にした。 


Ousters

謎 追放者なので、スレイヤーとは深い関係がありそうだが・・・