アイテムドロップについて

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敵が落とすアイテムにはそれぞれ確率が設定されている。それは公式のここを見てもらうとして、アイテムドロップのシステムについてまとめる。ソースはAmakna Squareのチャンスに関するトピック

Prospectingの影響

ドロップの確率はProspectingで変化する。ベース値は100で(enutrofを除く)、10 chance毎に1増える。実際の確率は、設定されたドロップ確率にProspectiingを%として掛けたものになる。10%のドロップアイテムはprospectingが100ならば10%のまま、110ならば11%に増加する。パーティの各人のprospectingは、お互いに影響を及ぼさない。

そうは言ってもソロでレアアイテムが出るか

出現率が0.1%と聞くと「じゃあ1000回でもなんでもやったるわ!」という気持ちになることもあるが、一部のアイテムには単純な確率以外の要素が設定されている。多くのレアアイテムにはパーティ全体のprospectingの合計値を対象にしたリミットがかかっていて、実質ある程度の人数がいなければ全くドロップしない。レアでないものでも、例えばBoarのHazelやKwoanのEyeなどはそれほど低い確率でないにも関わらず、ソロでは全くドロップしない。逆に、0.1%のアイテムであってもGobball Dungeon KeyやSkelton Dungeon Keyなどは少人数(もしくはソロ)でも出るので、制限がかかっていないと思われる。


コメント

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
サイト内












取得中です。


今日  -
昨日  -

総計  -